2009年7月18日公開

アマルフィ 女神の報酬

1252009年7月18日公開
アマルフィ 女神の報酬
3.3

/ 2,048

19%
26%
32%
14%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

クリスマス目前のローマ。亡き夫との思い出が詰まった街で、矢上紗江子(天海祐希)は最愛の娘の失踪(しっそう)するという最悪の事態に見舞われてしまう。身代金目的の誘拐か、それともテロか……? 犯人グループが警察の包囲網をかく乱し、捜査が一向に進展しない中、事件の真相に迫る外交官・黒田(織田裕二)は、ある事実に行き当たる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(1,312件)

かっこいい18.6%ゴージャス15.0%勇敢12.2%知的10.1%切ない8.1%

  • yuw********

    4.0

    役者の演技が良かった!堪能した!

    予備知識なし。WOWOWで見かけて「アマルフィ」「アンダルシア」2作続けて見た。「たまには邦画も」の感覚で。 外交官のゆったりした会議から始まる。舞台はイタリア。どちらも私の知らない世界。「予算はどんどん使わなきゃ」などちょっとした場面や役者の演技から外交官の日常を感じ取れて興味深かった。(リアルなのかどうかはわからないけど)佐野史郎と小野寺昭がその役を担ってる。役柄上目立つ演技ではないが、しっかり役に入り込んでるのがわかって見ていて快感。しかも目立たないのに魅力的。温厚の雰囲気を醸し出し続ける佐野史郎も、終盤シーンで紋付姿でしゃがみこむ小野寺昭もいい演技だった。ほれぼれ。 そこに投入された主役の織田裕二がこれまたなかなかいい演技でうれしい。 まったり外交官の中に、突然ピリ辛唐辛子を投入したような役。「羊の皮をかぶった狼」ならぬ「外交官の皮をかぶった・・・諜報員?」的なポジションの立場らしい。とにかく身のこなしが無駄のないスパイっぽい。マッド・デイモンの「ボーン」シリーズみたいでワクワク。 何より織田の演技がこの役になりきった抑えた演技で、ほんとに堪能できた。 「ボーン」のマッド・デイモンもそうだった。無駄な言動が一切ないあの感じ。ほれぼれ。 そして誘拐された娘の母親役の天海祐希がまた良かった~~。 その場面ごとに母親の心情を表す演技・表情がいい。その都度違う。 私がついついストーリーの「謎」に意識を持ってかれる中、この天海の母親の演技が危機感・悲壮感を訴えてくる。ピストルのシーンもすごく良かった。どんな心理状態にあるのかなどの気持ちが伝わった。 そして佐藤浩市。「邦画ではよく見るなぁ」と若干飽きつつ、やはりその役をしっかり表現した演技にいつも納得させられる。序盤の3人のシーンがなんか良かった。母親役の天海との距離感の違いを、佐藤浩市と織田裕二がしっかり表情で表してた。 平田満(「蒲田行進曲」で「銀ちゃ~ん」と階段落ちした人)もまた役をしっかり演じてる。いい具合だ。出過ぎず、役の特性をしっかり出してて。 ストーリーはちょっと無理な所も感じたけど。でもストーリーの盛り上がりと役者の演技を堪能できたのでスルーした。 あと「イタリア」(というか西欧?)の会議室などの天井の高さによる解放感や街並みの西欧っぽさなども目の肥やしだった。 しかし、注意喚起もしてて勉強になる。「赤ちゃんを抱いて近づく女はスリ」とか「男のナンパに気を付けて」とか。 実際、私も「ソフトクリームを差し出そうとする金髪美少年」が接近してきたことがあった。パリだけど。同行者が「スリだよ。無視して」ととっさに助言してくれて助かった。 スペインではリュックをスられたって話も聞いたことある。リュックのヒモをナイフで切って持ってったとか。一連の行動がすごい早かったらしい。 カメラワークとか場面構成などもよかったと思う。おもしろかった! ただ、タイトルが「?」で終わったけど。 ************************** 次作の「アンダルシア」は、タイトル「?」は同じ。 あとちょっと織田裕二がかっこつけだしてしまったのが残念。役から離れてしまった。ハリウッド映画みたいに「気の利いた一言」とか「かっこよさげな動作」とか入れたくなったのかな。 いらないのに~。ひたすら役になりきってその役を表現してほしかった。 福山雅治は2作目のほうが「挑戦してる」と感じた。「役者なんだ~、好青年俳優の路線を行くのかと思ったら」と。でもどちらかというと、浮いてたかな。どっちの作品でもストーリーから役が浮いてた。でも新鮮でおもしろかったからいい。「女たらしの福山雅治」。

  • tub********

    3.0

    スケールのデカい2時間ドラマ

    かなり前に一度見た記憶あり。 コロナ禍で旅行が出来ない中、また一生のうちに行けるか分からないローマやアマルフィの風景に触れられるのは嬉しいことであった。また今では当たり前になったドローンの走りだったかな。今より映像に迫力はない。 さて、物語はよくある世界をまたに掛けた大捕物ですね。当時、「外交官黒田」っていうドラマがあったのだったかな? フジテレビ系の何かしらの記念で大枚使えた感がチラホラ。まぁ、あまり頭を使わず見られた。 一流の俳優陣に混ざると福山雅治の大根っぷりが目立つねえー。

  • tat********

    4.0

    少女誘拐の真の目的は?ミステリーの醍醐味

    イタリア日本大使に恨みを持つ男が大使館襲撃を計画する。過去、大使の援助金が反政府軍に流れたため、政府側に多大な犠牲が出た。男の妻も犠牲となった。 男の強すぎる愛が事件を起こすこととなるのは皮肉だ。 少女誘拐の真の目的が別にあるところがストーリーの見どころ。 ーー 2022/02/12 7

  • むるそー

    1.0

    ネタバレオシャレでトレンディな(笑)2時間ドラマ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nchiyam

    4.0

    ネタバレまた織田裕二vs佐藤浩市

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


織田裕二黒田康作
天海祐希矢上紗江子
戸田恵梨香安達香苗
佐藤浩市藤井昌樹
大塚寧々羽場良美
伊藤淳史谷木幹安
小野寺昭菊原清文
平田満川越亘
佐野史郎西野道生
大森絢音矢上まどか
中井貴一片岡博嗣
福山雅治佐伯章悟

基本情報


タイトル
アマルフィ 女神の報酬

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日