レビュー一覧に戻る
アマルフィ 女神の報酬
2009年7月18日公開

アマルフィ 女神の報酬

1252009年7月18日公開

むるそー

1.0

ネタバレオシャレでトレンディな(笑)2時間ドラマ

そもそも、教皇庁の御膝下・ローマで、クリスマスシーズンにG8会議が開催されるという初期設定にドッチラケ! これぞ悪しき邦画…って始まりだ。 クリスマスを台無しにされるローマ市民たちの怒りは如何ばかりか…(笑)。 そのような中、娘とともにローマへ観光にやってきた天海祐希サン演じるヒロインは、犯人一味に娘を誘拐され、犯人からの電話に行きがかり上(?)「父親です」と名乗ってしまった織田裕二サン演じる主人公とともに、犯人の言いなりになってイタリアの色々な観光地を駆け回らされるという何だか「土曜ワイド劇場」や「火曜サスペンス劇場」などかつて放映されていた2時間ドラマみたいなストーリーだ。(殺人事件は起こらないけど…笑) 当時の片平なぎさサンと船越英一郎サンを主人公にして、萩や津和野、飛騨高山あたりを舞台にしても成立したようなお話だ。 ブツ切り編集も2時間ドラマみたい。 録画した2時間ドラマを編集機能でCMを抜き、ぶっ続けで視聴するとちょうどこんな感じになる。 はじめからTV放映でCMを挿入することを前提にした編集なんだろうな。(知らんけど…笑) 犯人は身代金の受け渡し場所に、タイトルにあるアマルフィを指定し、ヒロインと主人公はアマルフィに向かうけど、アマルフィではヒロインがナンパされることぐらいしか起こらない。 その後も、アマルフィは大した意味を持っていない。 まあ、撮影協力の見返りとしてイタリア政府観光局から、彼らが売り込みたいアマルフィをフィーチャーしてほしいという強い要望があったとかの「大人の事情」が絡んでるんだろうネ。(こちらも知らんけど…笑) そして、犯人はこともあろうか、ヒロインにイタリア全土のセキュリティを請け負っている大手警備会社(会社自体のセキュリティはゆるゆる…笑)のサーバールームを占拠させることを強要する。 なんだか昭和の時代劇でありがちだった、「その男は評判の腕利き職人なのだが、かつては盗賊の一味で合鍵づくりの名人だった。娘のために…と犯罪から足を洗ってカタギとして生きていたのだが、悪党一味はその男の腕を利用しようと娘をかどわかして犯罪を強要する」みたいなノリでチープなんだけど、ヒロインはただ「看護師」という設定で、卓越した犯罪スキルを持ち合わせていそうではない。 「世界を震撼させた女テロリスト」とか「凄腕の女殺し屋」などの過去は語られない(笑)。 あるいは、犯人はヒロインと知り合ったわずかな期間で、ヒロインの類まれな犯罪者としての資質を見たってこと? それに、ヒロインは一体どーやって犯人一味の都合のよい時期にローマへやって来て、娘はどーやって都合のよい時期にトイレに行こうとしたのか?? そんなこんなで、犯人一味はヒロインの立てこもりを利用して警備会社のサーバーの電源を落とさせ、その隙にサーバーをハッキング(電源が落ちている状態でどーやって?!)して、イタリア全土のセキュリティシステムをダウンさせ、その隙に要人を狙った犯罪を行おうとする。 それにしても、サーバーの電源の件は扨置いても、主犯は先進国ではなさそうな架空の国でボランティアをしていた男、共犯者たちはそこの村人という設定で、一味に卓越したITスキルを持った者はいそうにないのに一体どーやってハッキングなど…?(その前の監視カメラの画像工作なども…) 場面がコンサートホールに切り替わったので、ここから「知りすぎていた男」や「ファール・プレイ」みたいなノンストップサスペンスが展開するのかと思いきや、肩透かしも甚だしかった! 犯人一味は、コンサートを鑑賞中のイタリア大統領を狙うと見せかけて、日本大使館にいる日本の外務大臣を狙う。 といっても、殺害じゃなくて不正行為を白状させるのが目的なんだけど、それなら日本国内の衆人環視状態でやるほうが、余程効果的でネ?w それにしても、大使館に侵入する方法というのが、な、何と!…ハシゴなのだ。 ああ…やっぱり昭和の時代劇! 大使館侵入後の展開は、もうグダグダで、2時間ドラマみたいな「告白タイム」が展開されるのだ。(尤も、告白するのは犯人ではなくターゲットの方なのだが) どうせなら、ヒロインにその場に居合わせてもらって、2時間ドラマの片平サン宜しく「お願い…自首して罪を償って」って犯人を説得してほしかったな~…w。 まあ、こんな映画だけど、元々はクレジットから消えた作家先生の書いたそれなりにしっかりした台本があったのかもしれない。 それを現地でテレビ局のスタッフたちが勝手に書き換えて、こーゆー形になったんだろうね。(またまた知らんけど…笑) 序盤で、福山雅治サン演じる記者が主人公に言った「アンタがいるってことは、派手なことが起こるってことだろ?」ってゆーオッシャレ~(笑)なセリフは、完全な偽りで、起こったことは実にショボかった!

閲覧数1,052