レビュー一覧に戻る
雷神-RAIJIN-
2009年2月14日公開

雷神-RAIJIN-

KILL SWITCH

962009年2月14日公開

ミッキー

1.0

ネタバレライジング・セガール

いや~酷い内容でした! 前作「弾突」はなかなか面白く、セガールも捨てたもんじゃないなって見直した矢先に今作… ライジング・セガールの敵はシリアルキラー×2なのだが、いろいろな要素が絡んできて、話がまとまらないのは流石セガール映画です。 セガールの幼少時のトラウマも意味ありげに引っ張っておきながら、最後まで絡んできません(笑) アクションシーンも最低です。 いや、もはやアクションと呼べるのか… 格闘になるとやたら意味不明なカットが多く、セガールがダブル使っているのがバレバレです。 わけのわからん効果音はやたら大きく、無駄にアクションもどきが長い。 更にセガールが犯人の口を割らすために行う暴力がすさまじい。 テーブルを歯で噛ませ、チョップで歯をへし折るんですが、やりすぎです。 期待させといて平気で期待を裏切る。それがセガール映画!

閲覧数615