2009年3月14日公開

映画は映画だ

MOVIE IS MOVIE

PG121132009年3月14日公開
映画は映画だ
3.8

/ 227

31%
36%
22%
6%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

映画俳優になりたかったヤクザのガンペ(ソ・ジソブ)は、ある日偶然、映画俳優のスタ(カン・ジファン)と高級クラブで出会う。数日後、最新作のアクション映画のファイトシーンを撮影していたスタは、相手役の俳優に大けがを負わせてしまう。相手役の俳優がいなくなって困り果てたスタは、ガンペに映画出演を持ちかける。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(110件)

かっこいい19.6%切ない16.3%絶望的7.9%勇敢7.3%セクシー6.6%

  • cha********

    5.0

    カンジファン最高!

    この俳優さんはどの役をやらしても上手!コミカルからシリアスまで幅が広く、韓国でも演技が上手いと評判なので今回こちらもレンタルしてみました。 背が高く顔が小さいので本当にカッコいい! もう一人の主役のジソプさんも素敵ですね!

  • bat********

    4.0

    ネタバレ強烈な個性を持つ男の生き様に圧倒された

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oce********

    3.0

    現実とは違うぜ

    俳優のスタは映画撮影時に相手に怪我を負わせてしまい俳優が降板。 代役に困っていたスタは窮地の案として、やくざのガンぺを出演させることを決める。 映画内での映画という形なので、内輪映画という感覚。 だが現実を分けるのはやくざの仕事をしながら、映画撮影もこなすという部分。 そして本気で殴り合うという条件の元撮影をするという約束。 「ある会社員」を見たばっかりだったので、ソ・ジソブのアクション描写がやけにリアルなのはそのためなのかと納得。 ラストはやくざなので自分で落とし前をつけたというところか。

  • popn

    4.0

    単色の世界でギラギラと光る目の鋭さ

    白と黒が本気でぶつかりあったとき、2色が混ざり合ってひとつの色になる。 しかし、せっかくひとつになれて、わかり合えたと思ったのに。 まさかのラスト! 二段オチがあるのは韓国映画のおもしろいところだ。 結局、白は黒にはなれないし、黒は白にはなれない。 あるいは、白は黒になれるかもしれないけど、とにかく黒は絶対に白にはなれない。戻れない。 まるでそんな風に言ってるかのような黒の笑み。最高な締めであった。

  • dxx********

    5.0

    演技なのか?リアルなのか?

    映画の中で映画を撮るという映画。 主役二人の演技が巧みで(特にジソブが本当のヤクザに見えて)演技なのかリアルな感情なのか、わからなくなる感覚。ジソブ演じるガンペが、危険でセクシー。強いカリスマに目が釘付けになった。何をしでかすかわからない怖い男なのに、何故か目が離せなくて引き寄せられてしまう。まるで映画の中で本当に生きてるみたいだった。だけど、映画は映画だ。この映画、面白い。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
映画は映画だ

原題
MOVIE IS MOVIE

上映時間

製作国
韓国

製作年度

公開日

ジャンル