ここから本文です

ディファイアンス (2008)

DEFIANCE

監督
エドワード・ズウィック
  • みたいムービー 838
  • みたログ 1,449

3.86 / 評価:509件

ホロコースト、ユダヤ人たちの抵抗を描く

ディファイアンスは「果敢な抵抗」の意味です。

ホロコーストの映画と言えば、いつもユダヤ人側が迫害されてばかりの物語が多いですが、本作はユダヤ人が自らが銃を取り、ナチスと闘う物語となっています。
実話というので驚きです。舞台は東欧ベラルーシ。

はじめは、家族をナチスに殺されたビエルスキ兄弟(長男をダニエル・クレイグが演じます)は、森の中に逃げ込みます。
やがて、あちらこちらからユダヤ人たちが集まり、森の中に隠れ集落をつくります。

映画によれば、最終的に森の中に3年近く隠れ続けユダヤ人たちも1200人までになり、病院、学校まであったそうです。

途中、仲間割れや、ソ連軍との合流、ナチスの攻撃などを受けながらも、森の中を逃げ続けます。
緊迫感がある逃亡劇となっていて、最後まで飽きさせません。

ラスト、モーゼの「出エジプト記」と絡めた展開などもあります。もちろん聖書のような奇跡は起きませんが、彼らが自力で切り抜けます。

見所は、007でクールな役を演じたダニエル・クレイグがユダヤ人集団のリーダーとなり鬼気迫る演技をみせるところでしょうか。

ホロコーストを新たな視点からとらえた見所満点の傑作です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ