エネミー・ライン3 激戦コロンビア

BEHIND ENEMY LINES: COLOMBIA

94
エネミー・ライン3 激戦コロンビア
2.6

/ 50

0%
12%
48%
30%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(21件)

勇敢33.3%かっこいい23.1%楽しい12.8%絶望的5.1%笑える5.1%

  • rak********

    3.0

    キャラクター。。。

    ストーリーはよくあるもので、 アメリカ的な映画。 キャラクター付けが面白く そこそこ楽しく見れました。

  • nat********

    3.0

    1,2,3、次は4?…多分無理…

    特別思い入れがあるわけでもなく 特別面白いと感じたわけではないんですが なんとなく1,2と見て結局3作目の本作品鑑賞。 ストーリーとしては何のつながりもないので 単品で見ても特に問題はないんですが そもそもエネミーラインってなんだっけかな? 1も2も内容は覚えていないんですが 本作品はSEALsの活躍とアメリカにおける存在を アピールした作品になっているんでしょうか? 映像的にも、ストーリー的にも典型的なB級映画で 公開は無理だったようです。 ところどころSEALsの能力の高さを 垣間見ることは出来たが、まだまだ足りない気がする。 もっと驚きと意外性のある能力の見せ方がほしかった。 残念ながら他のたくさんある特殊部隊映画に 埋もれてしまい完全に見えなくなるような出来ですかね…

  • yel********

    3.0

    前作よりかは良い。

    前作のよりかはおもしろいが 戦争物にしたら軽すぎる気が します。 まぁ一言で言ったら 「結構頑張ってるやん(笑)」 ぐらいですな。

  • jig********

    3.0

    私も特殊部隊に入れそうだ

    なにやら人気なのか 描きやすいのか3作目が出来上がった今作ですが、 今作の登場人物は以下の通り。 何やら戦隊ヒーロー的な雰囲気を感じるのは気のせいか。 ()内はゴレンジャーに例えるとこんな感じかなという 私の独断でございます。 ショーン・マクリン大尉:米国と女性を愛す(アカレンジャー) カーター・ホルト特務曹長:怪力の持ち主(キレンジャー) グレッグ・アームストロング兵曹:神と巨乳を愛す(ミドレンジャー?) スティーブ・ゲインズ兵曹:爆破マニア(モモレンジャー) ケビン・デリックス上等兵曹:9V電池と糸くずで人を殺せる(アオレンジャー?) わざわざ名前と特徴を冒頭で挙げていただき 非常にわかりやすい。 が、 リーダーのショーン君は国と女性を愛し・・はいいとして グレッグ君は何か役に立つのか?w 神と巨乳を愛すて・・ 信仰心厚いただのエロおやじじゃないですか。 これじゃ私でも特殊部隊に入れそうだ。 スティーブに至っては爆破のスペシャリストじゃなくて ”マニア”扱いだ。 プロじゃなくて素人になってるんですが・・ そんなツッコミ甲斐のある特殊部隊がちょっと好き。 偵察にいった彼らが コロンビア内部の争いに巻き込まれて 勝手に犯人扱いされちゃうわけですが、 そもそも他国に黙って勝手に進入しちゃうあたりさすが米国。 そんな米国の問題がクローズアップ・・されるわけでもなく 自分達の汚名を晴らそうと頑張る面々。 B級作品としてはアクションもそこそこ見られるし セガールおやじのようにおやじ最強みたいな 何でもアリ路線ではないのでアクション好きなら 結構楽しめると思います。 ふとパッケージ写真を見て 戦闘機が飛んでますが、 作品中で飛んでたかな・・? まぁいいか。 そんなところもB級作品だからいいよね くらいで観ればよろしいかと。

  • tat********

    2.0

    ネタバレんー

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
エネミー・ライン3 激戦コロンビア

原題
BEHIND ENEMY LINES: COLOMBIA

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-