ここから本文です

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦― (2009)

RED CLIFF: PART II/赤壁

監督
ジョン・ウー
  • みたいムービー 630
  • みたログ 4,735

3.60 / 評価:1,541件

解説

アジア映画としては歴代最高の大ヒットを記録した、『レッドクリフ Part I』の続編となる歴史スペクタクル。『レッドクリフ Part I』から連なる赤壁の戦いもクライマックスに突入し、孫権軍と劉備軍との連合軍が曹操の大軍に立ち向かう様をダイナミックに描く。監督やキャストは『レッドクリフ Part I』と同じく、ジョン・ウーにトニー・レオン、金城武などのアジアの大スターたち。85万人にのぼる両軍兵士たちのアクションはもちろんのこと、偉大な英雄たちが繰り広げる感動的なドラマを楽しみたい。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。司令官の周瑜(トニー・レオン)と孔明が作戦を仕掛けようとする中、周瑜の妻・小喬(リン・チーリン)がある行動に出る。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2009, Three Kingdoms, Limited. All rights reserved.
(C)2009, Three Kingdoms, Limited. All rights reserved.

「レッドクリフ Part II/未来への最終決戦」赤壁のクライマックスは目をみはるダイナミズムだが……

 ジョン・ウー監督の発言通り、2部構成の映画を黒澤明監督の「七人の侍」にたとえると、半年間にわたる長すぎる“休憩”を挟んでの第2部スタートである。岩代太郎作曲の豪壮なスコア曲が耳に心地よく、NHK大河ドラマのオープニング曲のように、忘れかけていた戦国絵巻の後編へと一気に誘ってくれる。三国志ファンの筆者は、スローモーションを多用したジョン・ウー監督らしい重量感あるアクションを、手に握り拳を作って楽しんだ。

 「七人の侍」の泥まみれの“雨中の血戦”にあたるのが、孫権&劉備連合軍による曹操軍の大船団への火計、つまり長江が火の海ならぬ“火の川”になる一大スペクタクルだ。その軍略の中心人物である周瑜(トニー・レオン)と諸葛亮(金城武)と、悪役ぶりが際立つ曹操(チャン・フォンイー)との対立の構図がシンプルで、赤壁が燃えさかるクライマックスに向かってプロットが収れんしていくストーリーは分かりやすい。だが、周瑜の妻・小喬(リン・チーリン)が決戦前夜、敵軍の曹操の陣中へお茶を点てに行くエピソードが盛り込まれたりして男たちの決死の戦いのダイナミズムに水を差すのが、残念だ。

 好きな映画だが、目をみはる豪腕ぶりを示すアクションに比べ、肝心のストーリーがどうにも非力すぎ、全体に冗漫な感じがするのは否めない。全体で3時間半ならエモーションも持続しただろうに、2部構成というマーケティング策が苦肉の策に思えてならない。(サトウムツオ)

映画.com(外部リンク)

2009年4月2日 更新

本文はここまでです このページの先頭へ