ここから本文です

戦国 伊賀の乱 (2008)

監督
千葉誠治
  • みたいムービー 12
  • みたログ 14

2.17 / 評価:6件

現代特撮の時代劇ヴァージョン

  • シバタ さん
  • 2009年5月23日 4時32分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

只今レンタルで視聴。
私のレビューをこまめに見てくださっている方は知ってる第三弾です。
大分、つくりがシンプルになって、観やすくなったように思います。

邦画はどうも予算の関係で、画面にエフェクトかけてあえて
暗くしていることが多いようです。明るいままだと、
画面に違和感が出てしまうようで。それらしいセットをつくる
のは大変なのでしょう。このシリーズも多用されていますが、
洞窟内のシーンで、見づらくてストレスがたまってくると
外のシーンになって観やすくなったり、筋書きも
過去2作のこねくり回したような展開が嘘のようです。

それなりに観れてしまうので、思わず評価を3にしてしまいたく
なるのですが、どうなのでしょう。
確かに観やすいのですが、結局なんだったんだろうこの話は、
という感覚しか残らない。
あれなんですよね、子供の学校行事を観にいく親の如き気分です。
演者のファンの人は、これで満足なんでしょうけど。
ウリが乏しいんですよね。付加価値が何もない。
絶対的なヒーローも出てこないし、世に問うテーマがあるわけ
じゃなし。切なさみたいなものも一切ない。
時代劇というのも、ただ、かっこよく見せるため
だけの舞台設定以上のものは何もない。
「信長が実は・・・」みたいのを期待する人は観ないほうがいいです。

ただ、過去二作と違って、一番続編が作りやすそうなんで、
このスタッフの根性からすると、どうもつくるんじゃないのかと。
そのスピリッツは買いたいなぁ。
かなり観やすくなった事し、大負けに負けて 3つけちゃいます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ