レビュー一覧に戻る
クライシス

クライシス

RIGHT AT YOUR DOOR

95

see********

4.0

テロが日常を破壊する様を、まざまざと!

 バイオテロの標的となったロサンゼルスの摩天楼が、 ゆっくりと有毒な煙に包まれていく様を、 遠くの住宅街から静かに眺める、何とも不気味な冒頭部から、 一気に引き込まれていく、戦慄のシミュレーション・ ドラマ。  爆心地に近いところへ出勤していった妻と、 家に残っていた夫…。この夫が、わけもわからない まま、限られた情報と、帰って来ない妻を案じて、 何にもできずに狼狽する様が、なにより真に迫っており、 いわゆる、ウソ800なパニック娯楽映画とは、 一線を画しており、なかなか秀逸。  実際に、こんな悪夢のような出来事が起きたら、 ほとんどの人は、何もできずに立ちすくんでしまう ことでしょう。  パンクしたはずの車がその後も普通にドライブできたり、 脚本の細かいほころびは散見しますが、全体としての 出来は、なかなかのハイレベルと思います。  ジャケットのような、いかにもB級アクション的な 場面でお茶を濁すことなく、撮りたい内容を撮り切った 意思を感じる作品です。 (よって、こんな悪ジャケにしたのは、本当に愚の骨頂! ちゃんと内容観てんのかしら。邦題の適当さ加減もしかり…)  現実は、『アウトブレイク』のような英雄的活躍も、 昨今の邦画の、安直で金目当てだけのヘボパニック映画のような、 お涙頂戴も一切無い、地獄のような惨状になるであろうと思われ、 9・11を経験した国ならではの強迫観念に基づいているとはいえ、 あやうい薄氷の上に暮らしている我々に、明日はわが身と 警鐘を鳴らす、観て損はない作品と思います。 (いざ起きてしまったら、全くもって備えようもないのですが…)

閲覧数361