2009年1月17日公開

グロテスク

732009年1月17日公開
グロテスク
2.6

/ 131

8%
18%
22%
27%
25%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

会社の同僚である和男(川連廣明)とアキ(長澤つぐみ)は、初めてのデートで喫茶店を出たところを何者かに拉致される。気が付くと二人はどこかの薄暗い部屋の中で口には猿ぐつわをされ、体は台に縛りつけられていた。そして彼らの目の前には、見知らぬ巨漢の男(大迫茂生)が立っており、次々と多種多様な拷問具らしきものが運び込まれ……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(73件)

絶望的22.3%恐怖16.8%不気味14.1%セクシー7.1%笑える7.1%

  • ポンデッド

    5.0

    最高です!

    白石監督の人気作コワすぎの工藤さんが恐怖の医者としてこちらに出ています。 正確にはこっちの作品の方が古いです。 かなりぶっ飛んだ内容で、エログロサイコパス映画で好きな人にはたまらない内容です! 今はもうレア作品になっているの再発してほしいですね。

  • rat********

    4.0

    タイトルに偽りなし!理不尽な肉体破壊。

    それにしても、昨日の雨はすごかった。折角の休みに色々予定もたててたんだけど・・・すっかり籠っちゃいました。 で、暇をもて余して古い作品のレビューなんかも見てて、たどり着いたのがこの作品。 2008年の作品で、今まで全然知りませんでした。行きつけのレンタルショップには置いてなくて、別のお店を開拓してのレンタルです。 いやー、なかなか面白かったです。 いきなりの拉致から、肉体攻めの数々。まさにグロテスクな気分を楽しませてもらいました。 まぁ、細かいこと言えば難点も多々ありますが、自分的には満足です。エロあり、グロありのR18作品でした。 【ネタバレってほどでもないですが】 いきなり拉致から始まるっていう、この無駄の無さが良いですね。気がついたカップルは、猿ぐつわをはめられ、手足を縛られて自由を奪われていた。 そして、訳のわからん男が登場し、男を傷つけ始めた。 「君は彼女のために死ねるか?」不敵な質問を浴びせて、傷つけ続ける。 女性の下着を切り裂き、秘部を男に見せつける。性的な刺激を与えて女性にエクスタシーを感じさせ、その様を男性に見せて射精させる。お互いに辱しめを与え、精神的な苦痛を感じさせる。 更に肉体を傷つけ続け、女性は指と片腕と乳首を切り取られ、男性は指と片目と性器を奪われた。 男は二人の愛の強さを称え・・・次の瞬間、二人は白いベッドの上に横たわっていた。医師である男は二人を治療して、元気になったら解放することを告げる。 安堵の表情を浮かべた二人だったが・・・ そうは問屋が卸さない。 希望のあとの絶望はより深く、更に修羅場と化していく。 なんか、レビューを読んでいたら映画版とレンタルでは違うみたいで、カットされているところが多々あるようです。ちゃんとしたやつ、どっかで見れないかな?

  • tai********

    4.0

    ネタバレ・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ぽんこつ山のたぬきさん

    4.0

    ネタバレひたすら拷問される

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 中谷 勝紀 ナカタニ カツノリ

    1.0

    冒頭で面白くなくなった

    ムカデ〇間 並みに すごく無駄な映画、 普通にホラーものが見たかった、、 あと、makitaをこんな物に出して欲しくなかった 名前をスプレーするか 無名のバーで撮影して欲しかった、 隅々まで無駄な映画でした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
グロテスク

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル