ここから本文です

グロテスク (2008)

監督
白石晃士
  • みたいムービー 30
  • みたログ 164

2.58 / 評価:128件

タイトルに偽りなし!理不尽な肉体破壊。

  • rat******** さん
  • 2021年8月15日 20時27分
  • 閲覧数 169
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

それにしても、昨日の雨はすごかった。折角の休みに色々予定もたててたんだけど・・・すっかり籠っちゃいました。
で、暇をもて余して古い作品のレビューなんかも見てて、たどり着いたのがこの作品。
2008年の作品で、今まで全然知りませんでした。行きつけのレンタルショップには置いてなくて、別のお店を開拓してのレンタルです。

いやー、なかなか面白かったです。
いきなりの拉致から、肉体攻めの数々。まさにグロテスクな気分を楽しませてもらいました。
まぁ、細かいこと言えば難点も多々ありますが、自分的には満足です。エロあり、グロありのR18作品でした。
【ネタバレってほどでもないですが】








いきなり拉致から始まるっていう、この無駄の無さが良いですね。気がついたカップルは、猿ぐつわをはめられ、手足を縛られて自由を奪われていた。
そして、訳のわからん男が登場し、男を傷つけ始めた。
「君は彼女のために死ねるか?」不敵な質問を浴びせて、傷つけ続ける。

女性の下着を切り裂き、秘部を男に見せつける。性的な刺激を与えて女性にエクスタシーを感じさせ、その様を男性に見せて射精させる。お互いに辱しめを与え、精神的な苦痛を感じさせる。

更に肉体を傷つけ続け、女性は指と片腕と乳首を切り取られ、男性は指と片目と性器を奪われた。

男は二人の愛の強さを称え・・・次の瞬間、二人は白いベッドの上に横たわっていた。医師である男は二人を治療して、元気になったら解放することを告げる。
安堵の表情を浮かべた二人だったが・・・

そうは問屋が卸さない。
希望のあとの絶望はより深く、更に修羅場と化していく。

なんか、レビューを読んでいたら映画版とレンタルでは違うみたいで、カットされているところが多々あるようです。ちゃんとしたやつ、どっかで見れないかな?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ