ここから本文です

ガマの油 (2008)

監督
役所広司
  • みたいムービー 273
  • みたログ 677

3.30 / 評価:280件

心は温まる?

  • jeanrich4774 さん
  • 2020年5月5日 19時55分
  • 閲覧数 439
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ほー、役所さんって、こういう世界観をお持ちだったのね…。
というのがわかった以外は意味のない作品だった。

主人公(もちろん役所さん)に魅力なし。
この場合、息子である瑛太さんにもなにかしら魅力がないと最後、感動できないのだが、幻想などで出てくるチャンスはあるのにイマイチ魅力が見えず。

かといって二階堂さんや男友達も…同様に。
全員、キャラクターを持てそうな人選なのに生かしきれず。

あー、もったいない。

ガマの油ってところがシュールだったなあ。
ラストの仏壇含め。

最後まで二階堂さんか瑛太さんの声と勘違いしてたのは何かのギャグだったのだろうか?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ