2009年8月29日公開

女の子ものがたり

1102009年8月29日公開
女の子ものがたり
3.5

/ 438

20%
32%
30%
13%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(250件)


  • yor********

    4.0

    思い出、ぼろ、ぼろ。

    『すたじお・でぶり』から、失笑、放映中、、、みたいなぁ。  『少年の男子で、類似の展開ならば、よく、有る』けども、女子の展開は、過去に、『積み木くずし』、等の程度で、あまり、類が、無い、、、ので、本映画が、貴重な感じ。  でも、「心を、えぐられる」と、言う、意味では、覚悟が、必要、、、w

  • sou********

    4.0

    女の子は故郷を出て、人生の旅路を行く。

    西原理恵子は好きな漫画家さんなのでずっと観たいと思っていた。ただ、タイトル的にね、おっさんは手が出し難く(笑)。 まぁ…しかし、DVDの予告よ。 この時代の予告は酷いね。本編前に、スキップできない予告が延々と続くの。萎えるわぁ…。 と、怒りの蛇足はちょっとだけ挟ませてもらうよ。 勿体ないじゃん、負の感情で本編に入るのは。 動画をダウンロードが良いよね、これじゃあ。 さて… 令和になっちゃったら、この手の物語にどんな反応があるのやら…。 僕自身は、西原理恵子と似たような時代を過ごしてきて、田舎の少年だったからなぁ…何処となくノスタルジーで、幼馴染の女の子達はこんな感情を持っていたのかなぁ…なんて想いで観た。 小さな貧乏町の貧乏な家の子供たちが、友情を育みながら、大人になる事と人生とは何か?と言う問いに、肌感覚で成長していく姿を描く。 同時に、自分を曝け出しながらクリエイターとして生きる西原理恵子らしさがよく現れているように思う。自分が描ける世界観を知ってる人なんだよなぁ…彼女。だからこそ、血が通っていて、綺麗事じゃない物語を描く。 映画として、彼女の世界観が上手く表現出来ているんじゃないかなぁ。 綺麗事じゃないから痛いんだよね。DVの問題だったり、生きていく上での幸せの考え方だったりが。だからこそ、同時に、強かで優しいの。 僕は男なんでね、彼女からの女の子たちへのメッセージなんじゃないかなぁ…くらいの想像しか出来ないわけ。そこには厳しさと愛情があるように思えるんだよねぇ。コレ、あくまでも、おっさんが思う想像よ! うん、女の子に観て欲しい映画かなぁ。 黄色好きな田舎の女の子。 友達の間でもちょっとだけ風変わりな彼女が、上京する上での誰にも描けない優しい物語だったなぁ…。 音楽も良かったね。BGMは好きです。 エンドロールで持田香織のボーカルで歌う曲…タオってタイトルなのね。いわゆる、老荘思想の道を現す言葉だよね。生き方を問う老荘思想は、幸福のあり方を考える映画の内容にはあってるように思う。 それから、何より…深津絵里って抱きしめたくなるタイプなんだよなぁ…。ナイスキャスティング。 そんな事言っちゃう僕は、ダメ男側の人間だけどさ(笑)。

  • may********

    5.0

    ネタバレ号泣

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fuw********

    3.0

    ネタバレ深津絵里さんをもっと観たかった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 週末社長ゆず

    2.0

    女の子をバカにした映画

    親がろくでもない低下層家庭に生まれた アホな女の子たちの物語。 終始、関西弁なのに車は愛媛ナンバーという 詰めの甘さがきらりと光る。 若い時の波留や三吉彩花が出てたりする 意外と掘り出し物感があるが、 たいしたイベントも無く 学習も無く、成長も無く、 プライドだけは高く、 ただ無駄に時間だけが過ぎていく。 こんなのが「女の子ものがたり」とは 女をバカにしすぎでは?

  • stillbe

    5.0

    気は滅入るけど

    正直、気が滅入る部分はあるけれど、 丁寧に描かれていて、観るに値する作品。 合理性だけでは、味わえない。

  • bar********

    4.0

    過去の自分たちと、未来へ歩む道

    女の子ものがたり。 西原理恵子さんの原作の映画化作品です。 自伝、なんでしょうか。 ある女性漫画家が主人公なんですけど、スランプに陥っている。ふとした時に自分の幼少期を思い出し、その時に出会った二人の友人のことを思い出すというストーリーです。 けっこうエグい出来事がメインになっていて、どうでもいい楽しかったことはあまり語られません。人が自分の記憶を掘り返す時って、そういう暗い出来事がメインになったりしますよね。だからそういうもんだと思っています。 その描写の仕方は人の好き嫌いが別れるところだと思うけど、全体的に見るとなかなか上手にまとめられていたと思っています。起承転結があるって感じ。 自分が良いなと思ったのは、ラストシーン。ネタバレになるので言えないんですが、十分なカタルシスがあると思います。主人公のもやもやが解ける理由としても納得できる。 役者さんもよく演技していらっしゃると思っています。 ただ、セリフが結構ストレートで、平板な印象があったのが残念です。会話シーンだけリアルさがないと感じました。これは邦画や国内ドラマ全てに言えることなんですけど、役者に言わせるセリフは全部悪いですよね。どう悪いかっていうと、どれもストレートで、お人形さんが喋るみたいなんですよね。 抑揚の付け方とか、セリフ自体も、あまりにハッキリし過ぎているか、とんでもなく複雑で何を言っているか分からないか、その両極端なんですよね。普通の人間が喋るとすれば、もっとリズム感があって、流れるように喋るものだと思います。これは邦画特有の味だと思うんですけど、人物同士のやり取りっていうか、おままごと遊びを見ているような感覚になってくるんです。だから自分はなんか苦手だなって思います。 自分がイメージしている喋りっていうのは、日常の感じなんですけど、それも度が過ぎると粗雑な感じになっちゃいますから、少し緊張したラジオのような感じが理想だと思います。テレビとかでちょっと緊張した芸能人さんも、ラジオに来るとすごくリラックスして普通の喋りになったりするじゃないですか。あれが本来の味なんだと思うんですよね。それで喋ってくれたら理想なんだけど。 そうするとどうやって物語にするのかって疑問に思うかもしれないですが、どこでどうやって情報を提示するか、そしてどのような喋りが適切かって、その道で仕事している人ならわかると思います。この映画もそうだけど、邦画のほとんどで何が問題なのかというと、通常用いられる喋りの型がぜんぜんリアルじゃないってこと。それを見過ごされたまま映画が作られているということだと思います。 漫画のようだ、と言ってしまってもいいかもしれないですね。現実離れしているというか、フィクションの世界、ということでかっこに入れられているように感じられるんです。そこは現実とは違う世界だから、それ用のルールがあるってこと。 それ用のルールがあることには異存がないけれど、常にリアルから情報を収集しないと生気をなくしていくのがフィクションの世界だと思っています。邦画ってずっと前からぜんぜん変化がないんですよね。これはテレビドラマもそうですけど。業界の閉鎖性に問題があるのでは、と邪推もできちゃいますよね。 こんなところです。

  • シャンプー

    4.0

    ネタバレありきたり・・・じゃなかった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • うり

    5.0

    高校時代役の大後寿々花さんが素敵です。

    大後寿々花さんの演技に見入ってしまいました。 一生懸命、壁に絵を書いているシーンがとても好きです。 お茶をおごってあげたくなります。

  • アサシン

    1.0

    わざとですか、酷い映画ですね

    小学生時代と高校時代と現代で、皆んな姿も性格もまるで違うし。 エピソードは切れ端で繋がりも脈絡も無い。 貧乏なのにいつも綺麗で高そうな洗練された服着てるし、肌も艶々、手も足も綺麗。 高校時代なんかモデル三人組、どこが悲惨な人生ですか。 深津絵里目当てに観たのですが、あまり出てないし。 あれ、西原さん恋愛漫画描いた事あるかな、セリフがおかしいですね。 ヘタレなスタンドバイミーの企画倒れでした、残念。

  • OTO48

    3.0

    ありきたりではありますが

    いろんな人生があって、いろんな青春があって、そんなことを感じさせてくれました。

  • まー

    2.0

    極端すぎ

    男がクズばかり、女は流されすぎ… そんな中で自分はそうじゃない!と、 主人公があがき成長する物語だから、 仕方ないのだろうけど、 あまりにも設定が極端で興ざめする。 田舎や生い立ちの悪い面ばかり強調しすぎ! じわっとする何かは感じるものの、 雰囲気で押し切っている感は否めない。 落とし所が友情譚になっているのも、 何か物足りない感じです。 配役は良かっただけに勿体無いか?

  • kumiko

    4.0

    スタンド・バイ・ミー だ

    スタンド・バイ・ミー だ 紛れもなく、この映画は『スタンド・バイ・ミー』だ 良かった。 幼少期、高校生と、どちらの女の子たちも良かった。 生活があった、青春(と呼ぶ)があった。 西原映画は、当たりばかり。

  • jag********

    1.0

    ビックリするくらい面白くない

    暇つぶしにもならなくて、観ているうちに飽きてくる 西原理恵子の世界観はなぜいつも女が弱くて男は悪なんだろう? かわいそうな女の子自分に酔いしれているみたい 不良に憧れるという価値基準自体愚かだが どこかのEX●LEみたいな子や韓流に憧れる子もまだいるから 女子も人生自己責任ですともっと強いメッセージ出した方がイイね

  • ncu********

    4.0

    女の子として生きることとは

    深津絵里がやっぱり良いです。あと、波瑠がこの頃から良かったことが分かりました。 田舎にありがちな、ヤンキーと、それを取り巻く女の子たち。 女の子が、一人で生きていくことが当たり前ではないことを見せつけられますが、でも不思議と嫌な気持ちにはならない、そんな映画でした。

  • kam********

    4.0

    女子の友情

    幸せとは何か。 答えはひとつではなくて、それぞれの感じ方捉え方に因るのだけれど、人は皆、今よりも幸せになりたくて、他人の方が幸せに感じてしまう愚かな生き物。 女子特有の友情を通して、このテーマを綺麗に、時に無様に描いていた。 なっちゃん・きーちゃん・みさちゃんの3人のカラーがあって、とても彩りが綺麗な作品だった。 ベタだけど、今いる友達もこれからできる友達も大切にしようと思える作品。 2012.08.05鑑賞

  • mor********

    3.0

    想像よりも人生が重くて辛いと気がついた日

    ふつうの女の子3人で過ごした、青春の回想録。 タイトルでパヤパヤした話を想像していると、 思いのほかヘビーな女の子たちの物語。 それでも、女性なら誰もが感情移入できる。 漫画は読んだことないけど、 原作者の西原理恵子をぐぐってみると 波瀾万丈な半生で、まさに女の子物語。 こんど作者の漫画を読んでみたい。 「想像していたよりも、人生が重くて辛いと気がついたときのこと、覚えてる?」 というセリフがあり、 この物語の女の子や作者ほど、劇的な出来事は起こらなくても 女の子として生きるのは、多かれ少なかれ 辛くて面倒くさいということを思い出す。

  • WXYは知ってても、それだけじゃ

    4.0

    貧乏、物が足りん。

    友達は選べない。作中で不祥事を起したときに母親から「友達は選べ」と言われてるが、小学校の友達って偶然近所に住んでたという事は大きい。この映画の出だしもそう。 ただ、その中で似たような境遇の者と仲が良くなっていく、それがこの話では不幸な境遇。普通の女の子に遊びに誘われても、自分の境遇の惨めさが感じられるので避けてしまう。この映画では、普通の女の子のシール遊びとかに乗っていかない様子とかで、それを上手こと表現してる。 境遇の悪い者同志がつるんでも、あんまり良い事はない、案の定その後も不幸は訪れる。笑うくらい定番の暴力を振る男に惹かれるのもそういう境遇のなせる技。 で、一人その仲間関係から異質になりつつあった主人公とは大喧嘩をしてしまい、別れの時を迎える。その喧嘩の描写も直感的で直接的な表現で、判り易い。普通なら喧嘩などにはわらずなんとなく疎遠になるところ、暴力的な喧嘩も不幸な境遇の育ちがなせる技だと上手く感じさせる。 友人の服装が貧乏にしてはキレイ過ぎたり、友人の容姿が美し過ぎるのも昔の思い出というフィルタが掛かってそう見せてるのだと思いたい。  貧乏自慢する奴って大抵贅沢自慢もする、ただ自慢したい奴、その為に話を盛る奴が多い。で、その話、他人の自慢なんて聞いても面白くは無い、辟易するだけ。 この映画は、自虐調ではあっても、自慢調にはなってないのが良いところ。

  • h88********

    5.0

    女子の思春期に共感

    生まれも育ちも環境の違う・・けど馬が合う友達っていました。 一緒にいるだけで楽しくて楽しくて でもいつまでも一緒にいられないというのも心の奥で感じてたんだろうと思います。 これを見ながら自分の思春期を思い出しました。 逆にこの頃の男の子ってどういうことを考えているんだろうともふと思いました。 何年経っても幸せでいてほしい、そう信じたいからできれば会いたくない・・複雑な感情が入り混じって・・。 とりあえず女子には面白い・・というか共感できる部分が多い映画だったと思います。

  • 山浦国見

    3.0

    えぇと…

    原作を知らずに観たのですが、話全体は纏まっています。 但し、物語の穴も多く、何でこんな編集にしたのか理解に苦しみます。 失敗したこけしみたいな顔…誰が? 彼氏は出てくる必要あったのか? 二時間近くも必要な内容か? きいちゃんの家は建て直したかのように、突然綺麗になってたし、貧乏で苛められている子には見えないし、削っても成立するシーンが沢山あります。私が編集したら90分くらいの上映時間になりますよ。配役も変えるでしょうね。 ただ、総合的に俯瞰してみると、女の友情物語、成長譚としては、面白く見られました。

1 ページ/13 ページ中