ディープ・アンダーカバー
2.4

/ 13

8%
0%
31%
46%
15%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(7件)

不気味16.7%絶望的16.7%かっこいい8.3%勇敢8.3%パニック8.3%

  • gag********

    2.0

    ネタバレキャストの無駄遣い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • いやよセブン

    3.0

    現在と半年前

    時系列を半年前と今を同時に描いていくが、「半年前」とテロップが出るが、いつのまにか現在になっており、分かりにくい。 FBIの潜入捜査官の話で、ギャングとして行動する内に、悪を楽しんでいる自分に気付き、私生活も破綻し出口が見出せなくなるのだが・・・。 潜入捜査とか囮捜査など、現場で実際にやらされる人はたまったものではないのでは。

  • ywm********

    3.0

    拷問と復讐

    何となくボーっと見てたら話の流れについていけない映画。 過去に飛んだり現在に戻ったり話がわかりづらいが、最後のオチを理解するためにも前半からきっちりストーリーの流れを把握したい。 で、最後のオチは「ゲッ、そんなのあり?」という感じ。娘の復讐のためとはいえ、爪をはがされたり過酷な拷問をうける物好きが世の中にはいるのか?。普通、もっとシンプルな方法を考えるのではないか等々、突っ込みどころ満載のオチで、少々がっかりするかも・・・。

  • shi********

    3.0

    ネタバレなんか、物凄く勿体無い気が・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jig********

    2.0

    潜入の仕方がディープだった

    コーヒーが湿っぽい。 そんなクレームをつけられたら店員もビックリだ。 じゃぁマメでも食ってろ! ということで、そんな男気のある店員さん募集。 ま、クビになっちゃうでしょうが。 物語は 組織の謎のボスに近づこうと潜入するFBI捜査官のお話で、 なんでも親子2代にわたってボスを追ってるんだそうな。 そのボスは整形手術で顔を変えてるから 誰もボスの顔を知らないんだとさ。 ということで、 顔を変えるという所業のせいなのか、 若干無理あるべと思うのですが そこはうまく話でカバーしていただきたところ。 ちなみに冒頭で述べたコーヒーが湿っぽいは ボスの仲間に接近するための合言葉かなんかです。 出演にローレンス・フィッシュバーン、 ジェームズ・クロムウェルとなかなか渋い配役に 主役はコール・ハウザー。 ハウザーて響きがなんかかっこいい、でもあまり知らない。 現在と半年前を行ったりきたりするので 事実が判明するのは当然後半なわけですが、 ここの話が面白いかどうかで作品の面白さも決まるのですが、 これがまたなかなかに微妙な感じだ。 敵のボスの企みも手が込んでいるようでいて どこか抜けている感じですごみを感じない。 今まで顔を隠して慎重を期していた彼のやり口が あれでは見てるこちらもゾクゾクしません。 まぁ、なんでしょうね。 画的な部分で魅せられないならば、 心理戦で魅せてくれないと この手の作品としては印象が残りにくいかなと。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ディープ・アンダーカバー

原題
TORTURED

上映時間

製作国
アメリカ/カナダ

製作年度

公開日
-

ジャンル