レビュー一覧に戻る
バビロン A.D.
2009年5月9日公開

バビロン A.D.

BABYLON A.D.

902009年5月9日公開

ang********

2.0

ネタバレ大筋は悪くないものの、細部が酷い

完全ネタバレにてレビューします。 大筋はありきたりなれど、結構面白い設定。 ・悪人は皆殺し上等、女・子供には結構優しいガチムキ無双野郎主人公 ・世は近未来。東ヨーロッパは世紀末、修道院から一人の少女を米国に  送り届けるミッションを受ける ・凄まじいまでの、各方面からの妨害を回避の上回避。 ・少女、二歳で19ケ国語を操り、全ての乗り物を操作出来る(潜水艦等) ・少女、人が悪人か善人か判別付く聖女で。処女受胎する ・少女、双子を産むと同時に役目を終えて死亡 ・主人公、「世界を守り、双子を守る人生か。やれやれだぜ」 END 大筋のラストまでのネタバレはこんな感じ。 難しくも何ともなく、非常に解りやすい設定。だが・・・ 少女の父親が「胎児にスーパーコンピューターをダウンロードしたら、産まれた少女が天才児になり聖女になる」設定もイマイチ納得出来ないし、 少女の父親(死者すらも蘇らせてサイボーグ化させる)の組織と、少女の母親の組織(政治家団体か)が揉めていたり、そこにマフィアだの宗教団体だのが入り乱れて「少女を殺したいのか」「拉致して自分達の利益にしたいのか」「聖女としてあがめたいのか」がサッパリ解らない。 なんとなくアクション部分は「おぉ」と思う位に良く出来ているが、「襲って来た組織が、何の組織で、何の為に襲撃して来たか」が解らない。 おのおのの組織の目的もよく解らない上、その組織同士が殺し合いをしたり、パッと見はどちらも銃を構えた黒づくめだし区別も付き辛い。 良く解らないんですよ!!!! ★1にしようかと思った位ですが、アクションシーンは良かったので、★2

閲覧数1,352