レビュー一覧に戻る
バビロン A.D.
2009年5月9日公開

バビロン A.D.

BABYLON A.D.

902009年5月9日公開

風よ吹け

4.0

ネタバレ近未来ものの割りには地味な映像

フランス・イギリス・アメリカの共同製作映画のようですね。 ヴィン・ディーゼルのナレーションで始まると「リディック」シリーズと似た印象を受けてしまいますが、世界はもう少し現代に近い未来。傭兵をやっていたトゥーロップの元に、不思議な依頼がやってきて、修道院から少女とそのボディーガードの修道女をアメリカまで運べという依頼が。 道中、明らかに技術力が上の敵に追跡されているのに、案外ゆるく突破できてしまったりして、前半はなんだか変なの、と思いつつ、後半怪しい教団の正体がわかってきて、別な戦いになっていきますが。 オーロラ役のメラニー・ティエリーが、若いころのユマ・サーマンによく似ていて、彼女のミステリアスさだけがストーリーの魅力。なんとなく予知能力はありそうで、その他、他人との共感能力も高いみたいで、でもウィルスを持っている?とかいう疑惑もあって、さて真相は?と引っ張りたいのでしょうが、あんまり説得力なかったかも。 教団のトップがキャシー・ベイツだとずっと思って見ていたのですが、シャーロット・ランプリングでしたか。 マーク・ストロングも出てきたので重要な役どころかな、と思ったら案外簡単なチンピラ役でもったいないと思ってしまいました。 ちょっと前半のロケーションに魅力がないのと、ゴミゴミしたところでのアクションで爽快感がないのはマイナスですね。

閲覧数702