ここから本文です

バビロン A.D. (2008)

BABYLON A.D.

監督
マチュー・カソヴィッツ
  • みたいムービー 57
  • みたログ 766

2.38 / 評価:288件

かなり消化不良。

  • jir***** さん
  • 2009年12月31日 11時35分
  • 閲覧数 194
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

近未来。米国を追放された無頼漢(ディーゼル)がなぞの少女を移送する「トランスポーター」みたいなお話。

アクションも中途半端で、敵もなぜ敵対しているかよくわからないままお話は続きます。
ナゾの少女が作られた目的も能力もよくわからず興味が薄れます。

少女が双子を妊娠しており、双子を出産のために作られたものとわかるが、いざ出産というところでエンドロール。

え?もう、終わりなの…?と???マークばかりがはびこる映画でした。

「愛の嵐」でなつかしいシャーロット・ランプリングが出ていたが、その魅力も出ず残念。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ