ここから本文です

バビロン A.D. (2008)

BABYLON A.D.

監督
マチュー・カソヴィッツ
  • みたいムービー 57
  • みたログ 760

2.38 / 評価:283件

ア、アメリのニノ が作ったんですってねえ

フランス映画はここ最近、新たな市場を求め海外にも「国際化」の動きを試みているそう
国際化とはすなわち英語撮影です。最近では「96時間」とか同監督の次回作もそれにあたります。

そして今回の「バビロンA.D」
公開前は割と注目されてたなー なんて思いますが。どうなんでしょうか

監督は緊迫感溢れる「憎しみ」の異才マチュー・カソヴィッツ。
また「アメリ」のニノであります。
俳優業はその作品の監督から学ぶためだと公言するほどの勉強家。さて、お勉強の成果は?

あの世界観。20XX年の近未来 テロや紛争で荒廃したロシア近辺の
あの無国籍な感じや 一方未来のNYのサイケデリックさ。
ビジュアルやCGの加減は素晴らしかった。

しかし残念ながらまともに評価できるのは以上となります。

描き切れていない事の多さ。全てが中途半端で完結していない。

運び屋のトーロップのバックグラウンド
少女オーロラの本当の謎
途中から出て来て結局どうなったかわからない教祖(シャーロット・ランプリング)
偉大な俳優(ジェラール・ドパルデュー)の無駄遣いなゴルスキーの存在

なんかすごーく もったいない映画
傑作になりえたかもしれないと思うと非常に残念。

なんでもスタジオの20世紀FOXの監督への過干渉(カットされた時間は70分とも)が原因でむちゃくちゃになったと
監督自身が語っており 自身の作品をボロカス同然に評価しているとのこと。

うーん ここでもきたか フランスとアメリカの作品作りのスタンスの違い。

しかし ホント残念 アメリカ的ブロックバスターにもフランス的カルトSFにもなりえただけに。
そんで最後のあれは どーすんのよ?って

監督自身は 子供に与える教育が及ぼす未来像について語るつもりだった とか
聞けば なるほどなーと思ったんですが(もう一度言います) 非常に残念。

「人気海外ドラマの失敗作」なんて監督自身が言うもんじゃないですよ。
もう、ジュネさん なんとか言ってあげて!!




そーいや あんたもか。

しかしまあ 彼は化ける監督だと信じています。そのぐらいの逸材。
自由に映像化できる環境を彼に。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ