2009年11月14日公開

笑う警官

1222009年11月14日公開
笑う警官
1.8

/ 370

3%
5%
15%
28%
49%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

札幌市内のアパートで女性の変死体が発見された。すぐに元交際相手の巡査部長・津久井(宮迫博之)に容疑が掛けられ、異例の射殺命令までも下される。この一連の流れに違和感を感じた所轄の警部補・佐伯(大森南朋)は、信頼できる仲間とともに秘密裏に捜査を行う。やがて、彼らは北海道警察内部に隠された闇に踏み込んでいくが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(280件)

絶望的21.7%知的11.3%勇敢10.0%笑える7.7%悲しい7.3%

  • svn********

    1.0

    これは…あんまりだ

    レビューを見れば良かった。そうすれば2時間無駄にせずに済んだのに。 駄作どころの話しじゃない。最近見た中でワーストワンですな。 後からレビュー見たが前半は割と原作に忠実なんだとか。ところがこの最初の1時間が眠たくてしょうがない。後から面白くなるかと思えば何の見せ場もなく終わり最後、バーの演奏シーンはナニ? 星一つでも勿体ない。

  • taronanaberi

    1.0

    どうしたん?

    自粛で観たい映画も底をついてきたので、タイトルに惹かれてDVD 借りてしまった。初回は直ぐ寝てしまって2度観。何かよくわからないまま、誰がどう関わってるんだろう?どういうこと?どうなるんだるう?と、ラストまで観てしまったが、正直どうしたん?この映画は?みたいな。オープニングから変なお洒落感。もしかしてヤバかったかなと思ったけど、見事に的中してしまった!字幕入れないと台詞も聞こえないし。ストーリーもありげな警察上層部の腐敗も全くリアル感無く、たぶんそこが見せ場ではないのだろうけどあまりに不自然で意味不明の設定。ラストの松雪泰子さんのカットもどうしたん?何を観てほしかったんだろうこの映画は。

  • syo********

    1.0

    全くの糞映画、時間を返せ

    の一言に尽きるがイラダチがおさまらないのでさらに付け加えると、吉本の見さかい無い侵食がここでもヒドい。 重要な役で宮迫、端役だが中川家兄。 二人とも何ら必然性も冴えも感じられない。 宮迫が現在消えたのも反社との付き合いうんぬんだけでなくこの目障りな役者活動を含めた需要無視の露出過多への世間からの反感もデカい。 それは吉本芸人全般に言える。

  • es_********

    2.0

    正直期待はずれ

    南朋さん目当てで見ました。 南朋さんと松雪さんが良くって、二人のラブストーリーだったらどんなに良かったか… なんかよくわからないお話。 裏の裏の裏で色々あるのは分かったけど、もうちょっと上手い演出あったんじゃないかなぁ。 上手くやったら面白かったと思うよ。 雰囲気は嫌いじゃない。だけどサスペンスじゃぁない感じ。 もったいない。 おヒゲの南朋さんで★★

  • hiro********

    1.0

    途中で

    寝てしまった。つまらなかった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
笑う警官

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日