2009年2月21日公開

N43°

1212009年2月21日公開
N43°
3.3

/ 35

20%
23%
34%
14%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

片付けることが本能として備わっている、妖精“片付けさん”ときれいな部屋を散らかしてしまう妖精“散らかしさん”が本能をかけて戦いを繰り広げる(「部屋クリーン」)。2058年、TEAM NACSが10年振りに復活。80歳を過ぎた5人の久々の舞台が幕を開けるが……(「AFTER」)。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(13件)

笑える15.8%コミカル14.0%楽しい12.3%不気味8.8%ファンタジー8.8%

  • tmi********

    5.0

    ネタバレ勝手にランキング

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mxj********

    5.0

    そうかなぁ?

    まあ一般公開といってもファンやサブカルチャー好きの多い東京、大阪と 彼らの地元札幌だけでしょ?ミニシアターのようだし、 狭き門のフィルムツアーチケット争奪に敗れた人や、 たとえ大衆ウケしなくても、彼らに興味のある方たちが 来る可能性が高いワケで、ちょうどよい公開規模ではなかったかと思います。 なにがきっかけになるかわかりませんからねぇ。 何それ!?何であそこでみんなが笑ったのかわからん、と思って かつての私のようにうかつに検索でもしようものなら、 蜘蛛の糸に絡まるかのようにどっぷりはまってしまい、 旅行など長く行ったことなかったのに、3ヶ月後には遥か札幌の土を 踏んでいた…なんてこともあるのかも。 道民ファンはともかく、道外ファンの中にはそういう人多いんじゃないですか? 作品としては怪作"部屋クリーン"と"ヤスダッタ3D"の評価が分かれているようですが、 私はそんなに普通の作品ばっかだったら面白くないし、見なくていいです。 楽しませてもらいました!!彼らをよく知らない友人に一番見せたいのはむしろ、これかも。 事務所の一人のスタッフが手書きで書いたアニメーション、 ちょっとキモイかも知れないけど、その書き込みの細かさに絶句し、 クスッとわらえるこだわりや逸話が散りばめられている部屋クリーン。 そして"図らずしも"というところがミソなんだけど、(読んだことも聞いたこともないらしい)国語の教科書にも載っていた(私達の頃はね)あの物語を彷彿とさせ、 3Dじゃないけど、ある意味(?)3Dな(その謎はDVD副音声で…)ヤスダッタ。 そりゃ金かけりゃ、時間かけりゃ、東京で作れば…?でも彼ららしくなくなる。 そんなのはゴマンと他のだれかがやっているので、わたしはいらない。 ノーマルなメイクも特殊メイクも衣装も、いつものあの方たちと… (しかもだんだん質が上がってきている)それがいい。 琢ちゃんの感性の良さ。ひんやりとしたさわやかな空気感も伝わり、でも道は狭いし寂しい闇もある風景。いいバランスでの心のウェット感がある作品になってると思います。 洋ちゃんのいつものウケ。細かいところまで、「あーこの人こういうことしそう!」 と笑えました。私も相当なツウになったものです。 リーダーの将来のナックス像、NACSへの思いだけでなく、エキストラの皆さんの顔をみて、 これはファンやお世話になった方たちへの思いだと思いました。FEVERの時代を 知らないのが悔しい。 いつのまにか周囲の人や事務所内外のスタッフまで応援している自分。 仕掛けではなく、その人柄で周りを巻き込んで、巻き込まれて(10回転?) これからも楽しませてほしい。 約1年半前、フィルムツアーで彼らは2000円程度のチケットで地方の1夜きりの上映会にも5人そろって足を運び各地を回っては予想以上の長いトークを繰り広げてくれたのでした。 (おかげで新幹線乗り遅れるところでした) 一昨年のジャンボリーのDVDは"2枚に入らなかったから3枚になっちゃたけどお値段そのまま" そんなOFFICE CUEやTEAM NACSの心意気にすっかり踊らされています。 ただ確かに映像でも舞台でも"病"と"死"と"歴史・戦争"はもう少し検証して 誠実にリアリティーをもたせてほしいと思うことはありますねぇ。 茶化されたみたいで本当に苦しんでいる人から見たら不快に思うのではと心配です。

  • nab********

    3.0

    ネタバレ私も勝手にランキング

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • もりやま

    1.0

    ファンサービスだったのか…。

    CSで放映された時に見ました。 私はナックスファンというより「どうバカ」の方で、「ドラバラ」の流れのようなバカバカしくて面白いものが見られるのだろうと期待して見たのですが…。 正直一般公開に耐えるようなクオリティではなかったので、とてもがっかりしました。 こちらのレビューを見てファンサービスだったと解ったので得心がいきましたが、今の今まで「何でミスターはこんな事させるんだ??」とひどく疑問に思っていたのでした。 全体の評価としては☆1ぐらいなのですが、勝手にランキングをつけるとするとこんな感じです。 ☆☆☆ 「AFTER」(もリーダーの) ナックスへの愛が存分に表現されています。 ものすごくファン向け。 ということは知らない人には「???」。 「神威のじいちゃん」(音尾さんの) 風景がきれい。 役者さんの演技がいい。 特に子役ちゃん。 よくまとまっていると思いましたが、どこかで見たようなお話です。 ☆☆ 「がんばれ鹿子ブルブルズ」(大泉さんの) 序盤の各人の出オチ一発で、ストーリーは付け足しみたいです。 中盤~ラストはフリもオチも弱い。 期待しただけに一番がっかりしました。 「ヤスダッタ3D」(ヤスケンさんの) 安田ワールド過ぎて意外性がありませんでした。 考えすぎ&盛り込みすぎのところはヤスケンさんらしくて微笑ましいですが、面白くはなかったです。 ☆ 「片付けさん」(シゲさんの) 「なんとかコンピュータ学院」とかの学生さんが作った卒業制作みたい。 稚拙…。残念でした。 機会があればナックスのお芝居も見たいと思っていたのですが、これを見た後では期待値半減と言いますか…。 そもそもチケットが取れないので心配いらないのですが。

  • meo********

    3.0

    面白かったけど

    やはりオフィスキューのファンであり、NACSのファンでないと解らないネタがあったので、一般公開はしなくても良かったのでは? NACSやCUEをよく知っている人たちが見る分にはいいと思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
N43°

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日