2009年4月25日公開

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

1152009年4月25日公開
交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい
3.2

/ 235

23%
23%
25%
14%
16%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

西暦2054年、ホランド・ノヴァクの指揮下、宇宙より飛来した生命体イマージュと戦う第303独立愚連隊の戦闘母艦・月光号に少年レントンがいた。レントンの夢は8年前に連れ去られた幼なじみの少女エウレカを助け出し故郷へ帰ることだったが、イマージュとの最終決戦が迫り来る中、彼らの前に過酷な現実が立ちはだかる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(151件)

ファンタジー12.8%かっこいい11.8%かわいい10.4%泣ける10.2%切ない8.9%

  • tak********

    2.0

    ネタバレやり方としては良いと思いましたが…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kms********

    1.0

    イマイチ

    GyaO!で無料だったので、今更ながら観ました。 TV版が大好きですので、冒頭でいきなり泣きました。 観ながらどんどん冷めていき、えー、こんなんで終わるんだーってなりました。 観る前はすごく観たかったのに、観た後は観なくても良かったなーと思う作品です。 こう言えるのも観たからなので、ファンなら観る価値はありますが、良いところは好きな作品のキャラが出てくることくらい。 この作品自体の評価は、シンプルに駄作と切り捨てていいものだと思います。 TV版はまた観たいですが、これをまた観ようという気持ちは全くありません。 今度エヴァの新劇場版のラストが封切りになりますが、過度な期待は禁物と思えたことに非常に価値があったと思います。

  • 山間木

    4.0

    ラブストーリー

    ストーリーの整合性はともかく、レントンとエウレカの互いの愛情は必見です。このカップルが好きなら結末の悲しさも愛おしく見えるでしょう

  • HERO

    3.0

    難解。哲学的に観る側が解釈せよ的内容。

    出だし、あれ? エウレカセブンではない?  ぜんぜん違う!と観て後悔感が増していった。 映像はテレビ版で観たシーンが多くあるのだが、内容が違う。 どうやら、エウレカセブンのパラレルワールドの物語のようだ。 自分という存在はあるのだけれども、その身を置く場所や立場などが違い、その可能性は無限にある。 何を選びとり、感じとるのは自分次第。 今作は、テレビ版と関わる人々は似ているが、それぞれの立場や状況は違い、その目的も違う。 ただ、レントンとエウレカの目的は、テレビ版とは似ていて、真っ直ぐに大好きという熱い感情を下に行動するところは相変わらず清々しい。 2時間という時間制限の中、詰め過ぎ感もあり、哲学的でもあり、観るだけで全部をすっきり解釈できる内容ではない。 それは観る側に任せるタイプの内容だと感じた。 最初の1時間を耐える、まったく違う世界のお話だと頭に入れておく、こうすることで後半1時間は、キュンキュンに熱っいエウレカセブンの世界を堪能できると思います。

  • sei********

    5.0

    最高でした

    作品内のキャラクター達の一生懸命さに引き込まれもうひとつの物語として最高に感動しました。オススメです。ハイエボ楽しみにしてます。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


三瓶由布子レントン
名塚佳織エウレカ
藤原啓治ホランド
山崎樹範ドミニク
小清水亜美アネモネ

基本情報


タイトル
交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日