2009年4月25日公開

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

1152009年4月25日公開
交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい
3.2

/ 235

23%
23%
25%
14%
16%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(151件)


  • tak********

    2.0

    ネタバレやり方としては良いと思いましたが…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kms********

    1.0

    イマイチ

    GyaO!で無料だったので、今更ながら観ました。 TV版が大好きですので、冒頭でいきなり泣きました。 観ながらどんどん冷めていき、えー、こんなんで終わるんだーってなりました。 観る前はすごく観たかったのに、観た後は観なくても良かったなーと思う作品です。 こう言えるのも観たからなので、ファンなら観る価値はありますが、良いところは好きな作品のキャラが出てくることくらい。 この作品自体の評価は、シンプルに駄作と切り捨てていいものだと思います。 TV版はまた観たいですが、これをまた観ようという気持ちは全くありません。 今度エヴァの新劇場版のラストが封切りになりますが、過度な期待は禁物と思えたことに非常に価値があったと思います。

  • 山間木

    4.0

    ラブストーリー

    ストーリーの整合性はともかく、レントンとエウレカの互いの愛情は必見です。このカップルが好きなら結末の悲しさも愛おしく見えるでしょう

  • HERO

    3.0

    難解。哲学的に観る側が解釈せよ的内容。

    出だし、あれ? エウレカセブンではない?  ぜんぜん違う!と観て後悔感が増していった。 映像はテレビ版で観たシーンが多くあるのだが、内容が違う。 どうやら、エウレカセブンのパラレルワールドの物語のようだ。 自分という存在はあるのだけれども、その身を置く場所や立場などが違い、その可能性は無限にある。 何を選びとり、感じとるのは自分次第。 今作は、テレビ版と関わる人々は似ているが、それぞれの立場や状況は違い、その目的も違う。 ただ、レントンとエウレカの目的は、テレビ版とは似ていて、真っ直ぐに大好きという熱い感情を下に行動するところは相変わらず清々しい。 2時間という時間制限の中、詰め過ぎ感もあり、哲学的でもあり、観るだけで全部をすっきり解釈できる内容ではない。 それは観る側に任せるタイプの内容だと感じた。 最初の1時間を耐える、まったく違う世界のお話だと頭に入れておく、こうすることで後半1時間は、キュンキュンに熱っいエウレカセブンの世界を堪能できると思います。

  • sei********

    5.0

    最高でした

    作品内のキャラクター達の一生懸命さに引き込まれもうひとつの物語として最高に感動しました。オススメです。ハイエボ楽しみにしてます。

  • kur********

    1.0

    キャラクター

    に惹かれて見たけど、シナリオはクソだし、キャラは立ってないし、いいとこ一つも無し。

  • Senju Nishikiori

    1.0

    モリスとラスキン?

    私は2001年の第1回小松左京賞に応募したSF小説の中にモリスとラスキンという登場人物を書いた。私は美術大学出身なので、有名なデザイナーウィリアム・モリスとロバート・ラスキンから名前を取った。しかし、このエウレカセブンに出てくるモリスとラスキンは、それがファースト・ネームのように呼ばれている。私はすごく違和感を感じる。

  • tes********

    2.0

    お話として成立していない脚本が残念

    3.24点/200人/2009年/115分   ちらっと見かけたTV版の絵やロボの動きがいい感じだったので、5話ぐらいまで見たがイカンセン展開がまどろっこしくて、迫力あるロボの場面がとっても少ないので、このままTVシリーズを見るのは苦痛だと思ったので、 映画版なら見栄えのいい迫力場面も多いだろうと、その部分目的での本作鑑賞。 期待していた迫力のある絵やロボ場面は有るにはあるのだが、非常に少なく期待外れだった。 それ以上に残念だったのは、脚本のマズさだ。多分脚本担当した人はちゃんとお話をまとめる能力が無いんだろうと思う。 人物や必要最低限の世界観の説明がないし、TV版未見の映画からの観客には意味不明だと思った。 しかも、後で調べてわかったが、TV版のパラレル世界で、設定台無しみたいなので、いったい誰に向けての脚本だったのか増々理解不能だ。 神話とか、異世界とか何となく大きな世界観で凄いと思わそうとしたのかもしれないが、観客が納得できるだけの説明が無いし、そもそも脚本を書いた人がちゃんと説明できるだけの世界観を持っていたのかさえも疑問だ。 加えて、特に後半、敵やニルバーシュ?の造形が既視感てんこ盛りのエヴァのようだし、観客に丸投げのまとまりのないお話のまとめ方までエヴァのようで、見るのが苦痛だった。 エヴァが大流行したから、同じようにワザと難解で意味不明な展開にしたのだろうか? しかし、その手法は社会現象になるほど、みんなが謎について考察をめぐらしてくれるような稀有な作品にしか出来ない手法で、中途半端な人気作がまねしたところで、説明不足の意味不明演出ととらえられるのが関の山だと思う。 (個人的には本家のエヴァの演出も、観客に丸投げの意味不明演出にしか思えず大いに不満でしたが・・・) 新規の客にも、TV版のファンにも不評な本作のシリーズ化は、リブートして本作は無かったことにしないと無理っぽいなと思った。 そうしないと、作っている本人が収取つかなくて、どうしようもなくなってしまうところまでエヴァの様になってしまいそうだ・・・ 絵や戦闘場面がうまいだけに、その他の部分のマズさがもったいないなと思う。

  • じゃすみん

    1.0

    ダークなエウレカセブン

    原作を見た、漫画も買った、フィギュアも買った、エウレカとタルホのしゃべるフィギュアも買った、ラジオも聞いた、ニルヴァーシュのフィギュア付きのニュータイプを買えなくて落胆した。 僕の人生の中で、これほどハマったアニメは無かった。 時はたち、酷評だったこの映画を見れずやっと大人になって見た。 パラレルワールドなのも分かってるが、仲間が少ないダークファンタジーでどの立ち位置で見ればいいのか終始困惑する程の複雑さ。 否、どこまでがパラレルワールドなのかが分かりにくいのだ。 内容ぶっ飛んでる映画は、直感的に鑑賞できるのでむしろ好きな方だが、同じ顔をしているキャラクター達がここまで変わると頭がついていかない。 男女入れ替えや、もし争いが無い平和な世界でも復讐心で起こるストーリーなどやり方は色々あったはずだ。 本当に残念である。

  • ytk********

    4.0

    ネタバレTV版のファンにはきついかも

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • コラット先生

    1.0

    残念でならない

    よくもまあこんな作品を上映したもんだ。 スタッフのみんな、これで本当によかったのか 製作者一人ひとりに聞きたい。

  • gar********

    1.0

    詰め込み過ぎ

    とにかく意味深な設定をひたすら詰め込んだ感じですね。 しかも、そのくせ説明過多なので、とてもテンポが悪い。 個々の設定は面白いと思えるところもあったので、もっと絞ってやれば良かった。 あとこれは主観的な感想ですが、 とても男性目線にかたよってるな、と。 というか、エウレカを慰みモノにする気しかないとしか…… ボーイミーツガールと性の目覚めは重なるところはあっても、イコールではないのですよ。 デビルフィッシュファンなので、新装備、それを装着した新アクションがあったのは嬉しかったです。 ただ、テレビ版の使い回しも多かったので、それは残念でした。

  • ルル

    5.0

    ネタバレえっ面白いじゃん

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • har********

    5.0

    実に感動する話

    オリジナルの話にも関わらず感動! TVアニメとだいぶ設定が違うが逆にそこがいい… 深く心にしみる作品だと思う!

  • ゆた

    4.0

    ネタバレ別物と思えば普通に良作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • アニメマン

    1.0

    前作の主要キャストをクズキャラへ(笑)

    本編のゲッコーステイトのキャストをホランドを筆頭に ろくでもないクズキャラに改悪したのが本作なので 本編が好きな人は見ても不快感しかないと思います。

  • inv********

    1.0

    EUREKAと書いてユリイカと読む

    決してローマ字読みしてはいけない。

  • nis********

    1.0

    脚本がひどすぎる

    あり得ない。 表現がとても幼稚です。 言葉で言わなくていいことってたくさんありますよね。言葉にしないからこそ伝わる表現があります。なぜアニメでそれをやらないのだろうか。 また、言葉自体にも中身がありません。 テレビ版ではそれらがしっかり出来ていました。言葉に重みも深みもありました。ドラマになっていました。 テレビ版のファンであるからこそ怒りすら湧きます。逆にこの映画から観ていたらテレビ版は観なかったでしょう。 専門の脚本家を付けなかったのが最大の理由でしょう。 佐藤直紀の音楽、綺麗な映像、実力ある声優陣に相応しくない中身でした。 もう二度と観ません。

  • sakamoto

    1.0

    ラストの映像は最高。

    でも、そこに至るまでが糞なので、お話を理解してるとせっかくの美麗作画にも感動できません。 ぜひ音なしで観ましょう。

  • つかさ

    3.0

    映画版オリジナル

    テレビ版とは多少違う設定ですが、十分に楽しめました。あの世界観をこの短時間にまとめあげたのがすごい!

1 ページ/8 ページ中