レビュー一覧に戻る
ザ・バンク 堕ちた巨像
2009年4月4日公開

ザ・バンク 堕ちた巨像

THE INTERNATIONAL

PG121172009年4月4日公開

miz********

3.0

邦題がおかしい。

☆3.3。 一番言いたいのは邦題から受ける印象が全く違うって事。 ちょー適当につけたんだと思う。 この邦題と内容の違いのせいで、評価に影響が出る人が結構いるんじゃないかな。 ホント日本の映画業界って…(怒) さて内容です。 世界規模の巨大銀行の犯罪を暴くため奔走する、捜査官サリンジャーと検事のエラ。 次々と証人や同僚が殺されていく中、どうやって追い詰めていけばいいのか。 実際のBCCI事件をモチーフにしてるだけあっていろいろ複雑です。 何カ国も移動し、登場人物も多くて、覚えて見分けるのが結構大変。 が、その中でもなるべくわかりやすく作られていると思います。 最後は勧善懲悪とかすっきり解決とは行きませんが、この辺も実際にあった事件が元だから説得力があります。 あまり派手な事は起こりませんが、美術館の銃撃戦だけはザ・アクションて感じで見ごたえありました。 お腹の流血はちょっとエグいです。 映像は、見づらい時もありますが全体的にカッコ良い。 さてここからはマイナス点、結構あります。 サリンジャーがところどころドジだったり鈍かったりして、どうにもマヌケなシーンなのに、カッコよい風に描いてあるので白けます。 逆に理由もなく鋭い時とかもあって違和感。 後、コンサルタント(暗殺者)の特定のでき方もマヌケすぎるのでこれも冷めてしまう。 なくて良いと思えるシーンとかも時々入っていて、テンポや集中の邪魔してる気がします。 そして、スカルセン(銀行頭取)役のウルリクトムセンが、どうにも世界規模巨大銀行の頭取に見えない!のは私だけですかね…? そして、最後になぜボディガードを呼ばなかったのか、急にご都合主義的で台無し、残念です。 テレビ東京の午後ロードで見たのでカットされてたのかな? そんな事ないと思いたいー。 カルヴィーニの息子のエンゾ役がハンサムだった(笑)

閲覧数1,451