レビュー一覧に戻る
ザ・バンク 堕ちた巨像
2009年4月4日公開

ザ・バンク 堕ちた巨像

THE INTERNATIONAL

PG121172009年4月4日公開

sat********

2.0

終始ダラダラチマチマしててすごく退屈

開始早々なんかダラダラして「あれ?これ面白く無いやつか?」と思ったら、まさにその通りだった まず主人公が、別にイケメンでもなければ切れものでも無い、印象に全く残らない薄い男 ナオミワッツは美人だが、ただ彩添えるために金髪美人おいたって感じで、どうも浮いてるしこれと言った活躍も何もしない で「落ちた巨像」に当たるものも別に出てこないし、主人公の知り合いが不審死遂げたってことで捜査始まるが、これがどうもチマチマしててあんまり進まない上、誰が誰でどうなってるのかがあちこち飛んでわかりにくいし、で話聞きに行ったら銀行が武器流通に投資し国の借金云々で国際的な支配目指してる云々と壮大なこと言う割には、捜査は現場や遺体調べたり、防犯カメラから靴の装具作ってる医者のとこ行ったり、暗殺者の後つけたりと、ひたすらチマチマチマチマの繰り返しで、全然面白くない 全体像がボヤッとしたまま、これといったハラハラドキドキも緊張感もスリルも冴えた推理もないし、ご都合に頼ってるとこも多いし、結局暗殺者使った以外銀行がどう不正行っててどう裁かれるべきなのかがハッキリしない いつまで経っても主人公が銀行の内部に入りこむこともないので、正義の捜査官が悪の巨大組織に斬り込む的な激しいドラマがあるわけでもない いつまで経っても全然面白くならないボヤッとした話を、必死に我慢して見続けるだけ 後から見直しても、巨大銀行の不正言う割には、9割は同僚の死因や関係者やら暗殺者の現場や映像チェックやら、根幹に関係ないものばっかなんだよ 森にある大木切る話なのに、終始道の途中に生えてる別の木の枝葉の話して終わったみたいな 意外にも評価が高いようが、そもそもこの作品進んで見てる人がほぼゼロってとこと、これ自ら好きで見た人は、こんなんでも十分面白いと感じるって言う、地味で退屈で盛り上がりのない作品好きなニッチな玄人系ってことだと思う 別に派手なカーアクションや爆破シーンなどなくていいけど、とにかく最初っから最後までダラダラチマチマ退屈すぎる

閲覧数218