ここから本文です

小三治 (2009)

監督
康宇政
  • みたいムービー 32
  • みたログ 47

4.23 / 評価:13件

小三治の弟子になったような気分?

  • joe さん
  • 2009年3月1日 0時49分
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

ポレポレ東中野で観てきました!
こんなに混んでいた同映画館は初めて。

http://www.platinumserai.jp/i000000/i870000/00374.html

腹を抱えて笑えて、泣けるドキュメンタリー映画でした。

柳家小三治の落語にかけるストイックさには、
ただただ頭が下がるばかり…。

真の芸術家のつらさ、天才の苦悩を垣間見る映画だと思いました。

「芸は人なり」

自分のダメさ加減をつかれているような、
まるで小三治の弟子になったかのような、
そんな気分にさえなりました。

同じ天才でも、どこかの田舎メジャーリーガーのような、
小学生に向かって「僕らがどれだけ税金払ってるか知ってるの?」と暴言を吐いたり、
ソープランド通いを暴露されて逆ギレしてマスコミの取材を拒絶したりする、
品性の欠落した人間とは次元が違います。

このようなメイキング・オブ…は、本来なら、
小三治のような求道的芸人には似合わないのかもしれません。
年齢を重ねて、思うところがあったのでしょうか。
(一般の人や落語ファンには、ありがたい映像だと思いますが…)

舞台挨拶した監督の物すごーい腰の低さにも惹かれました。
小三治も、そんな監督の人柄を知って映画のゴーサインを出したのかも…。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ