レビュー一覧に戻る
小三治
2014年9月6日公開

小三治

1042014年9月6日公開

akk********

4.0

落語初心者でもOK!

映画館で、「小 三 治」 を観て来ました 高校の後輩が、落語の道には入り、 名の通った落語家(皆さんもご存知)になっている事もあり、 落語には、多少なりとも興味があったの・・・ 落語の魅力や、小三治師匠 の魅力を知りたくて、見た人が多い 始まりから、心をつかまれました 「ら く だ」は、古典落語だけではなく、 シネマ歌舞伎 でも上映された話で、 落語とは・・・の一部が解った様な気がします 光、音、舞台装置、省けるもの全てがなく、 そこにいるは、客と落語家 究極の一人芸 のように感じました 歌舞伎には歌舞伎にしかない華があり、 落語には落語にしかない花がある どちらもキレイな美しい花を咲かせます 3年間回したフィルムは、膨大な量だったでしょう 泣く泣く削ったものが、たくさんあったことも解ります でも、1時間半が限度でした 30分はホームビデオになっていってました とっても、惜しいわ~~~ 撮った映像は、素の部分も解って、良い映像でしたよ 楽屋での部分は、舞台も同じようで、懐かしさを感じました 芸と言うものは、表現する形は違っても、やっている事は同じなのでしょうか・・・ 一度ご覧ください

閲覧数318