BATON バトン
2.8

/ 35

11%
23%
26%
14%
26%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(4件)

かっこいい16.7%勇敢16.7%不思議16.7%ファンタジー16.7%かわいい16.7%

  • まー

    1.0

    導入部だけ?

    何だかプロローグだけで終わっちゃった感が強い。 キャラの動きと設定は面白いものを感じましたが、 中途半端というか作品として成り立ってないです。 絵面もひと昔まえの海外アニメのような画風で、 正直、気持ち悪いというか変… 最悪なのが、ただでさえ短いのに 三部に分けてその都度いちいちエンドロールを入れるから、 見ていてダルくてしかたない イベント用だから仕方ないにしても、 DVDで改めてお金を取るなら、 一本にまとめて再編集くらいすべきだと思います。 無駄にキャストにお金をかけたから回収したいんでしょうが、 声をあてているのがプロの声優でないから、 いまいち聞き取りにくいというか感情移入できませんでした。 素材は悪くないのに勿体ない。 過去に売れた同じ作品を無駄に何度もリメイクするより、 こういうのこそ、もう一度やりなおしたらどうでしょう?

  • Sa MI

    3.0

    BATONの意味

    私が、BATONの意味するところを理解したのは、第三話だった。 第一話から既に深い物語が始まっているのに、アクションに魅せられた私は、そのことに気付かない。 が、これ以上内容について言及する前に、この映画が制作された背景を説明したい。 この映画は、横浜開港150周年記念テーマイベント「開港博Y150」の為に、岩井俊二氏プロデュースで制作されたアニメーションだ。それで、映画の中には、横浜みなとみらいと思われる景観が登場する。 制作の依頼を受けた岩井氏が脚本を書き、北村龍平氏を監督に選んだようだ。 「開港博Y150」には、私は開催序盤に訪れた。その為、第一話しか鑑賞することが出来なかった。それも、周りの音が漏れ聞こえる安っぽい特設ステージで。(一回の入場では、三話全てを観ることが出来ないように上映スケジュールが組まれていた。) 幾分グロイ映像は、小さな子供には刺激が強かったようで、鑑賞中子供の泣き声が聞こえた。第一話は登場人物同士の会話が殆どなく、まったく何が起こっているのか、この話が残りの2話(40分程度か)で、ちゃんと完結するのか判断がつかなかった。 で、この度DVDを借りて三話通して見てみた。 感想。一話毎にエンドクレジットが出てきて、うっとおしい。やはり第一話はよく分からない。第二話、ようやくこの話の方向が見えてくる。そして、第三話で全てが繋がる。 これは主観なので、第二話でこの映画のメッセージに気付く人もいると思う。が、どちらにしても大人向けの内容だ。深い。岩井氏の世界観、人生観が溢れている。 ということで、岩井俊二作品を好む方なら、鑑賞する価値のある作品だと思う。

  • nan********

    3.0

    あれっ!?

    タイトルだけ聞いた事あって、見てみたいと思いレンタルしてみた。 『あれっ!?』 って感じだった。 短かすぎる! エンドロールうざいし。 話しの内容や絵は大好きなのに、深入りせずにサラっとしてます。 なんか、残念‥

  • mai********

    4.0

    贅沢なんだけど

    声優さんが藤原竜也をはじめ人気のある俳優さんばかりで しかも本人そっくりなキャラが人間に近い動きで アニメになってるんですよね。すごい予算使ってるって 思ったら何かのイベントに作られた作品だったのですね。 冒頭のケインコスギさんのアクションは素晴らしかったです。 アニメの魅力とリアルな動き、無機質でスタイリッシュな 雰囲気がよく出ていて驚きました。 ストーリーはちょっと切ない展開でした。 上戸彩チャンの声は今回はとっても合ってました。 でもこれだけ豪華な声優で素敵なアニメなのに なぜかパワー不足な感じがしました。 3部作だから途中でとぎれてリズムが悪くなりました。 映画というより深夜アニメのDVDとして観てたら いいかも・・・でもアニメ好きだから★オマケです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


市原隼人アポロ
上戸彩ミカル
大杉漣ドクターニュートン
ミムラヒロコ
藤原竜也サイファ
内藤剛志エツロウ
渡辺裕之ロボット警備隊
NorAメデューサ
桜庭和志ロボット警備隊
船木誠勝ハーデス
小橋賢児パッセンジャー
IZAM怪しい男
松原慎太郎アルテミス
吉村美樹ルーシー・スクレイプ
ムッシュかまやつオブザーバー

基本情報


タイトル
BATON バトン

上映時間
-

製作国
日本

製作年度

公開日
-