2009年6月13日公開

宮本武蔵 -双剣に馳せる夢-

722009年6月13日公開
宮本武蔵 -双剣に馳せる夢-
2.5

/ 40

10%
15%
28%
13%
35%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

不敗の剣聖にして精神の修養者、また求道者としても知られる江戸時代初期の剣豪、宮本武蔵。二刀流の“二天一流”を駆使して数々のライバルと華々しい合戦を繰り広げた一方で、悲哀な人生を送ったともされる。武蔵自身が記した「五輪書」を原案に、虚構と真実が入り混じった武蔵の知られざる姿が明かされる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(18件)

知的28.6%かっこいい14.3%コミカル11.4%楽しい8.6%切ない8.6%

  • ass********

    4.0

    「素晴らしい」でなく「面白い」

    ネタは地味なのに新しい。 映像も新しくはないのに斬新。 退屈な知ってる話も浪曲で楽しい時間に。 史実なので、「落ち」はないですが。 この作品をずっと観ていたかったけれど、終わりが有るのです、残念! 面白さは星5つ、映画としては星3つ。 一応劇場公開したけど、映画ではないかな。

  • hun********

    5.0

    武蔵幻想からの脱却

    これはいい方の押井守ですね。まずループ物じゃないのがいい。歴史ドキュメンタリーですからね。色んな背景事情を考慮せずに単純にアニメ映画として考えても、これはいい出来でしょう。『スカイ・クロラ』とか『イノセンス』、果ては『天使のたまご』あたりの、エセ哲学じみた子供っぽい感傷は排されていて、さすがミリタリーマニアと思わされるだけの、軍事史上における宮本武蔵、ということが考察されている。吉川英治もそうですが、日本の剣豪小説(その他媒体も)の、歴史ものとしてのダメさを精確に突いていると言えるでしょう。 こういうものだったら是非もっと観たいのだが、やはり押井はこれからもイマイチなSFを撮り続けるんだろうか。日本のアニメの脚本家で、これだけよくできた歴史概説が書ける人はちょっと他にいないと思うのだが。あ、高畑勲がいたか。 この路線で行ってたら宮崎駿なんて足元にも及ばないレベルだったんじゃないでしょうか。 てか『風立ちぬ』には完璧に勝利してますよ、これ。

  • mus********

    1.0

    本当に押井守の作品か?

    押井守が好きだ。 押井守の大ファンだ。 好きだからこそはっきり言いたい。 この作品はクソだ。

  • hi6********

    2.0

    ドキュメント作品としてもいまいち

    アニメだけど宮本武蔵の実像に迫るドキュメント。 アニメとして趣向は面白いのであるが、結局、 TVのドキュメント番組を見ているみたいであるし、 掘り下げ方もそんなに深くないので、ドキュメント作品としても そんなに目新しい事実はないので、普通の作品である。

  • hzn********

    4.0

    薀蓄と剣劇で二度美味しい?

    もともとテレビスペシャルとして企画されたという話をここで読んでの視聴であります。確かに映画館でこの内容だったら金返せという感想だったかも知れません。ですが、レンタルで教養番組ぐらいに思って見たので、そんなに腹は立ちませんでした。むしろ知らなかった知識をレクチャーしていただいて、へえそうだったのかと面白かったです。特に武士道という言葉ができたのは最近の明治の頃という話は初耳だったので、興味深かったです。 剣劇の場面はさすがプロダクションIG、非常にそつなく描いており、黒と白、赤色で色彩も美しくまとめていて、やはり時代劇は日本の文化だなと思いました。まあ本当は私も、宮本武蔵の全編普通の映画が見たかったですよ。それは確かですが、いろいろと裏事情がありそうなのでしつこく言いませんです。武蔵の主なエピソードはアニメでだいたい出てきますし、薀蓄の二等身キャラのギャグも楽しかったです。あの博士は押井監督がモデルだと思いますが。むしろ普通の映画なら、この薀蓄の知識は盛り込むのは難しかったと思います。BGMの浪曲ロックについては、好き嫌いがあると思いますが、私はNHK人形劇の八犬伝とか好きだったので、わりとすんなり受け入れられました。ただ惜しむらくはラストがちょっと尻切れトンボだったことです。ナレーションがぷつっと途切れてエンディングの歌が入るので、ちょっとここはもう少し結論という形にしてほしかったです。 山田風太郎先生の短編などで、武蔵は将たらんとしていたというのは、なんとなくわかっておりましたが、関ケ原の合戦を生涯ひきずって生きていたというのは、この映画で私にもわかりまして、なんとなく戦中派が太平洋戦争をずっとひきずって生きている(失礼)みたいなものかなと思い、武蔵に対して親近感もわきました。以上、宮本武蔵をマルチで知りたい方には、一時間あまりでコンパクトなレクチャー番組だと思いました。日本文化を知りたい海外の方などには、最適な映画ではないでしょうか。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
宮本武蔵 -双剣に馳せる夢-

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日