ここから本文です

太陽のかけら (2007)

DEFICIT

監督
ガエル・ガルシア・ベルナル
  • みたいムービー 64
  • みたログ 106

2.56 / 評価:16件

解説

『バッド・エデュケーション』などの人気ラテン俳優ガエル・ガルシア・ベルナルが初監督と主演を務めた青春ストーリー。故郷メキシコを舞台に、気の置けない友人同士の楽しいパーティー風景を切り取りながら、国が抱える社会問題を浮き彫りにしていく。主人公クリストバルの妹を演じるのは、ガエルの盟友ディエゴ・ルナの妻であるカミラ・ソディ。リアルでエネルギッシュな日常を描きながら、社会をえぐる監督ガエルの手腕に注目だ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

妹のエリサ(カミラ・ソディ)とともに、親しい友人たちを招いてのパーティーを開いた有力政治家の息子クリストバル(ガエル・ガルシア・ベルナル)。彼は友人が連れて来た美しいアルゼンチン人のドロレス(ルス・シプリオータ)に一目ぼれし、急接近する一方、子ども時代は仲が良かった庭師との間にある確執を露わにしていく。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ