2009年5月1日公開

ビバリーヒルズ・チワワ

BEVERLY HILLS CHIHUAHUA

922009年5月1日公開
ビバリーヒルズ・チワワ
3.6

/ 161

23%
30%
34%
10%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(91件)


  • fiv********

    4.0

    犬好き必見!

    こんな作品がディズニーで作られていたのは知らなかった。 ディズニーの動物CGの凄さは言うまでもない。 それを惜しげもなくワンちゃんに使用しているからたまらない。 喋るシェパードが段々男前に見えてくる。 主演はチワワだけど、シェパードが良いところをすべて持ってゆく。 とにかく、犬好きの人には是非観て欲しい一本。

  • him********

    3.0

    チワワの国が見れた♡

    パイパーペラーボが出ているので観ました! チワワチワワしてて良かった! 本当、 チワワチワワしてて♡

  • spi********

    3.0

    犬がけなげ

    アンディ・ガルシアがデルガドという元警察犬の声優をしているということで見ました。 けれど、見ていくうちに、犬たちのけなげな演技が泣けるというか、そっちに目が行きました。 物語が泣けるのではなくて、犬が演技している姿が泣けるのです。 犬は本当に可愛い。 そして人間の言うことを聞こうとして一生懸命の、けなげで切ない動物ですね。

  • sat********

    3.0

    ネタバレチワワはかわいいなぁ~~~☆

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • MaaMi

    3.0

    実にアメリカ的・ディズニー的(笑)

    実にアメリカ的・ディズニー的(笑)。 本筋は単純なのに、ここまで飾り立てて壮大にできるんだね(笑) まぁ、可愛いですよ。ファミリー・子供にお勧めかな。 みんな、飼い主さんと仲良くね~!

  • ysk********

    5.0

    予告みたときはこんな深いと思わなかったよ

    まだ予告も流れてなかった頃から友人に誘われていたこの映画。 彼女が、動物愛護精神を語らせたらピカ一の、大の犬好きであるがために、 予告みて実はわたしは・・・どうなん?大丈夫なん?という気になっていた。 金持ちでタカビーなお嬢様チワワ。 彼女を助ける正義漢にはジャーマンシェパード、 そして獰猛で危険な悪役にドーベルマン・・・ あぁ!どおよこの絵に描いたようなステロタイプ! 表面だけ楽しい可愛いハッピーハッピーてな映画のような気がしてしょうがない、 ほんまに犬好きが観て納得する映画になってるんかぁ?と不安が一抹・・・ 映画好きの友達の間でも、全く話題に上がることがなかったこの1本。 しかし、彼女の「観たい!」という気持ちにはちゃーんと根拠があった! 映画を観たら、この映画が どこに出しても恥ずかしくない犬好きスピリットで作られていることがバッチリ伝わってきた。 チワワを溺愛する大企業社長の女性も、最初は蓮っぱにみえたその姪も ひとを嫌な気持ちにする人格では全然なかったし、 チワワお嬢様の言動も、高飛車なくせになぜかかわいげがある。 贅沢しか知らないで育ってきたコだけれど心の中にヨコシマなものがないんやね。 そしてチワワの谷のシーン、チワワの主張、これめっちゃいいですよ! 物語が終わって、エンドロールが始まる前にメッセージのテロップが現れる。 この映画がどんなスピリットに支えられてうまれたか、それを感じてつい落涙。 前述の友人が鑑賞後語ってくれたことによると、 この映画に出演しているワンコたちの中には、処分場に居たコたちが沢山いるらしい。 躾や演技トレーニングを受け、立派にお勤めを果たしクランクアップした後は それぞれみんな、映画のスタッフさんたちに引き取られて 今はちゃんと「家つき」になったそうだ。 映画でも、宿なしワンコが家つきワンコになってハッピーになるけれど 決して、 「捨て犬ってカワイソー、誰かが飼えばいいじゃん」的な描きかたにはなってない、と わたしはそこに感心しました。 むかーしのディズニーではありましたよね? 「101匹わんちゃん」のような、ワンコの洪水状態、あれはあれでカタルシスだけど あの世界では軽んじられていたワンコの人権(犬権?)が この映画ではちゃんと大切にされています。 今この世の中に溢れる捨て犬たち、 誰かお金のある人がわーっとまとめて面倒みりゃいい、てもんじゃない。 飼主が犬一匹一匹にきちんと向きあい、 絆を深め合いながら生きていくことができないと。 そんなメッセージが、この映画のすみずみから 言葉じゃない部分で伝わってきます。 アップにもなることもなく遠景を走り回ってる端役の一匹一匹にまで心をかけた映画、 見えないところでたいへん手間も愛情もかかっていることが察せられました。 各地のシアターではだんだん上映終了っぽくなってってますが 家族ででかけたりデートムービーにもおすすめです!観てね♪

  • kjk********

    4.0

    思いのほか感動

    セリフに合わせて口が動いてともかわいい… お話もタカビーなビバリーヒルズチワワが、急にアドベンチャーに放り出されて成長していくという、お話。 思いのほかじーんとするシーンもあり、なっかなか見て楽しかった。 たまにはこういう、子供向けっぽいような作品もいいよね。 決して子供向けなだけではないと思う。

  • med********

    4.0

    犬たちが可愛かった♪♪

    メインのチワワ2匹も可愛かったし、チワワ達が大集合している映像も可愛かった♪ その他の犬種も出てきますが、みんな可愛かったです。 人間のようにおしゃべりしてるが可愛かったのですが、実際あんなふうにおしゃべりしてたら結構飼い主大変かも(笑) ぽーっとしながら見れて楽しめる作品でした。

  • hok********

    4.0

    セレブなチワワの物語

     ビバリーヒルズの高級住宅地に住むセレブなチワワの活躍を描くコメディ映画。セレブなチワワが闘犬場に連れてかれる展開にはまいった。ちょっと可哀そすぎ。楽しめた作品であったが、チワワ好きの人が見たら絶句しそうな物語。

  • hir********

    5.0

    子供たちが、泣いてるんだから本物だ!

    ども、現在豊洲ららぽーと内のアプレシオで打ってるでごんす。 見て参りました。 「ビバリーヒルズチワワ」・・予想外で面白かった。 「ぴあ」のアンケートに訊かれちゃったよ。 「コヨーテ・アグリー」のハイパーペラーポ、久しぶりだった。 後、吹き替え版で観たんだけど、「松重豊」の吹き替えが抜群に良かった。 ただの「犬見せ映画」じゃなくて、動物たちの成長物語になっていた。 そして、動物に対する、真の愛情とは何か? ペットを飼うというのは、どうゆう心構えが必要かという事も教えてくれる。 ただの贅沢な犬の話じゃなかったのが、ホッとしたね。 チワワが、子犬に指摘されて、最後の靴を、自分で脱ぐシーンは、ウルッと来た。 チワワって、メキシコ産なんだって、初めて知った。 チワワ王国の、何百匹のチワワの鳴き声、チワワの怒りの声、 何気ないシーンだけど、考えさせられます。 チワワは、何でいつも、震えているか?なんて、考えたこと無かった。 それと、他の犬たちも、魅力的。 シーズーに、シェパード、セントバーナード、プードル、 それと、映画に出る時は、いつも悪役ドーベルマン。 やっぱ、「ドーベルマン・ギャング」の影響強いのかな? あと、個人的には、ネズミとイグアナのコンビがツボでした。 イグアナ・・・俺の中で好感度アップ!いい奴だな。 劇場内は、子供連れでいっぱい。 ラスト、まわりの子供たちが泣いてるから・・・俺までツラレそうになった。 子供が泣くんだから、ファミリー映画としちゃあ、成功だね。 俺は40面さげて、独りで泣いてたら馬鹿だから必死でこらえた。 アノ場面が、もう20秒長かったら、アブナかったな・・・ ぴあのアンケートには80点と答えた、意外な拾い物だった。 気楽に観たのが良かったんだな・・・

  • jur********

    4.0

    チワワ、あっぱれ!

    始めにまず、ちょっと不満を。地元のシネコンで見ようとしたら、なんと吹き替えしかなく。途中退出。何故って、あなた、声の吹き替えしてる人たちしってますか?ドリューバリモア、アンディーガルシア、プラシラドミンゴなどそうそうたるメンバーでこの声を聞けないなんて。で、字幕版を探したら六本木しかない。それで、田舎もので生涯10回くらいしか行ったことのない六本木まで行って参りました。正解でした。配給社のかたへ、一言。ゴールデンウィークで子供向けに吹き替え版って否定しません。でも、もとの声優のメンバーを見せ付けておきながら、字幕版が東京周辺で一館しかないなんて、ひどくないですか?大人でも見たい人はいるのですよ。(怒) 映画は楽しくてちょっとほろっとするところもあり、大人でも気楽に楽しめます。動物好きな私としては満足。明るいメキシコの太陽の下、チワワのお嬢様がだんだん野生を取り戻して活躍します。(今、インフルエンザ騒ぎですが)。 もともと犬は大きいのが好きで、小さい犬(愛玩用)は苦手でした。最近は特に日本では小さい物が好まれるとのことでティーカッププードルなども出ているけど、人間が交配を重ねてつくったもので、かなり不自然なものと聞いています。凄く体が弱かったり。それを聞いていて、とても悲しい気がしてます。それと勿論、犬好きの方にも色々意見はあるけど、私は、洋服とか反対派なんですよね。やっぱり、自然の形が動物にとっては心地よいのではないかと思ってしまいます。(チワワは寒さに弱いので必要らしいですが) チワワのお嬢様、本当のチワワの血がよみがえり最後にたくましい遠吠えを聞かせてくれてちょっと見直しました。そして、パピ君のたくましさと明るい尻尾の振り方が、お気に入りに。勿論他のワンコの活躍も犬好きとしては、大興奮でした。 施設にひきとられるペットが多いけれど、最後まで家族として是非暮らして生きたいですね。

  • wsy********

    4.0

    かわいいだけじゃないんだよっ

    あまり期待もせずに観たんだけど、意外と面白かった! セレブチワワが迷子になってさらわれるけど仲間を見つけて敵に立ち向かう。 ディズニー的なストーリーで純粋に楽しめました☆ 出てくる犬達も可愛いし、音楽もカッコいいし(単に好きな歌が使われてただけですが) 頭空っぽで楽しめる映画でした。

  • fai********

    4.0

    チワワ大好き♪犬は大切にね♪

    うちが数年前まで買っていた飼い犬はチワワでした。 チワワを飼う決め手はズバリ!!鼻の低さです、これ本当ですww 始めはブサイクだけど、大きくなったらめっちゃ可愛くなって♪ 17歳まで生きてくれました。 立派な家族の一員として、最後に自分の腕の中で逝ってしまった愛犬。 エンドロールで流れるテロップがこの映画の全てを物語っているような気がします。 犬を飼ったら捨てずに一生懸命育てて下さい。 セレブなチワワの珍道中で面白おかしく見させてもらいました^^ 本当にこんな事思ってんのかな~とか思ってみたりww こういう映画ってシェパードが善、ドーベルマンが悪なんだよね、何でだろう? 他にも沢山ワンコが出てきて自然と笑みが^^; 圧巻はチワワの谷!! あぁ・・・この沢山のチワワに埋もれてみたいww 捨て犬だったワンコがそれぞれの家でもらわれていく姿は素直に嬉しかった♪ やっぱり誰も死なない、ハッピーエンドな終わり方が一番良いよね♪

  • jig********

    3.0

    刑事じゃなくてチワワの時代か

    ビバリーヒルズと言えばコップでしょ、 そんな世代なわけですが これがチワワでも意外といけてました。そんな感じです。 動物に演技させて声はアテレコ。 動物の表情作ったりと大変だよね~とは昔の話なのか 今作に見られる犬の表情が結構豊かで驚かされます。 たぶんCGかなにかでいじってると思われるのですが、 違和感なくやってのけるハリウッドさすがと思いました。 犬にも軟派な犬がいるのか、 女性(犬)に声をかける軽~い犬パピ登場。 これがまたなぜかイケメンに見えてしまう不思議。 CGマジックなのか犬本来の表情なのか、 はたまたセリフまわしの巧妙さなのか 笑えて面白いパピが個人的にはお気に入りです。 この手の動物ものはそれなりに技術がいるわけで、 継続して作っていくとそれなりに技術向上が図れるのかな~と。 ディズニー作品では他にも動物を扱った作品あったと 思いますが、そういうところの技術がこれからも 進化してさらに面白いものになっていくんでしょうねと思いました。 日本も特撮技術とか継続してやっていって欲しかったな~と 思うものの、そこはやっぱりお金がからむと難しいんですかねと なんとなく思いました。 古い技術がなくなって新しい技術になって、 それがはたしていいのか・・ となると総合的に考えなきゃいけないわけで、 観る側のニーズにも合わせなきゃいけないという部分もあり、 残したい技術であっても世間の流れには逆らえないのかな~と なんだか寂しい気分でございます。 だからね、映画の金額をアメリカ並に抑えません?てこと。 映画を観る人増えたらそれなりにマイナーな作品にも お金が回ると思うんですよね。 でも映画好きの人工はあまり増えないのかな~とも思えるし どうすればよいか・・。 あ、実写版ガンダムとか作りますか。 ミニチュアの町とかコロニーのミニチュアとか なんかワクワクするんですけど。って俺だけか。

  • yuu********

    3.0

    主演女犬賞は確実!?

    ビバリーヒルズの大豪邸に暮らすセレブ犬、おっと失礼《スーパーセレブ犬》チワワのクロエが、ひょんな事からメキシコで行方不明となってしまう!?プライドや見た目などにこだわってきたクロエだが、ノラ犬に出会い、サバイバルしながら成長していくお話。 最近、たくさん公開が決まっているドッグムービーですが、犬の吹き替え、犬が喋る物語を観るのは、小さい時以来なので、最初違和感がありましたが、チワワをはじめ、200匹近い様々なワンちゃんなどの奮闘?演技!?が微笑ましく笑わせてくれます! 少々年齢的に幼い感じもありますが、ディズニーの音楽センスなど、ペットの飼い方のメッセージもあり、ちょっとしたエンターテイメントに仕上がっています。 主演女犬賞もののチワワのクロエや、警察犬デルカト、パピなど 犬って本当利口ですね!個人的にネズミとイグアナが助演賞もの!? 基本、ドッグムービーなので犬が主役なのですが、 パイパーベラーポや、飼い主のトホホなおざさんジェイミーリーカーティスも出て来ますよ!このトホホなおばさんを見たければ同じくディズニーの『フォーチュンクッキー』が弾けてお勧めです。 劇場で観るにはやや贅沢な感じがありますが、(吹き替えに抵抗ある人ならレンタルで)犬好きはもちろん、そうでない人も元気になれるドッグ‘ワン’ダフルムービーです。

  • oce********

    1.0

    何がいいの?

    ビバリーヒルズでチワワということで、チワワが高級犬として登場する。 たまに道で服を着た犬を見て思うのだが、あれは本当に可愛いとか寒いからと思って着せているのか? どう考えても飼い主のエゴとしか思えず。 その辺の愚痴を犬共がしゃべるとかして欲しかったが、逆に犬を高飛車にしてどーすんだよ(笑) 描き方も適当な描写ばかり。 というか犬好きが見て喜べない。 それと根本的にチワワを可愛いと思えない。普通に雑種のほうがよっぽど愛着がわく。

  • hi6********

    1.0

    犬に服をつける愛犬家は嫌い

    基本的には、私は、犬も猫も好きなので、 動物映画も嫌いではないのですが、 小型犬に服などのアクセサリーをつける神経は 嫌いである。 あれは、どう考えても、飼い主側の自己満足であるし、 犬は、不快でしかない筈である。 そんな犬が主人公なので、「かわいーー」とは全然思わない。 映画的には「ベイブ」風に、動物にアフレコをつけたもので あるが、話も陳腐で面白くない。(「101」の話みたい) 動物らしさもないし、人間ドラマも、単純であり、如何にも ディズニー実写ものの凡作である。

  • hiv********

    3.0

    意外と

    深いストーリー。 基本的に子供から大人まで楽しめる王道ストーリー。 監督がホームアローン、プリティウーマンを撮ったラジャ・ゴスネル。 ただ、所々、人間社会を風刺するかのようなシーンが入っている。 主役の金持ちチワワとある子犬のやりとり。 「何で靴なんか履いてるの?」 「足が汚れないためよ。」 「あなたが住んでいる街ってそんなに汚い場所なの?」 「いいえ、とても清潔で素晴らしいところよ」 「じゃあ、何のために靴を履いてるの?馬鹿みたい。」 「そうね、馬鹿みたい。」 靴を脱ぎ捨てる。 ペットは飼い主の愛玩具じゃない。 生きた野性の生き物なのだ。 チワワも見た目の可愛らしさに忘れそうになるが、 本当は強い犬で、野生的に自由に生きたいのではないのか。 そう問いかけるシーンが印象的だった。 ただ、ペットを飼う事自体に否定的ではなく、 飼うならば最後まで責任を持って可愛がる。 できるだけ犬らしい生活を送らせてあげる事が大切。 主役のチワワは可愛いが、 他の犬はブサイクかシブい顔の犬が多かったので、 色んな可愛い犬が出てくるわけではない。 あと、ビバリーヒルズのシーンは最初と最後の方だけで、 実はメキシコ近辺のシーンがメイン。 一部の犬の表情や、ねずみイグアナコンビは CGらしいが、それを気づかせない高い技術だった。 地味にCGも見所かと。

  • なな

    5.0

    楽しい\(^O^)/

    ストーリーは単純で店舗もよくとても楽しめました。 クロエ可愛い~♪ DVD買って正解\(^O^)/

  • bgl********

    5.0

    小さいけど強い!

    犬には犬の世界があり犬だけの感情や様々な犬だけのドラマが人間の知らない所でドタバタしてます。 どんな人間に飼われるかやはり飼い主の愛情もありますが犬が一匹、いや集団で強く生きる様は私達人間にもその生き様を見習わなきゃいけない所もあります。人間が犬から元気を貰うのも人間もまた無意識に孤独があるのでしょう。 この映画の名セリフ 「小さくても強い!」は響きだけでも勇気をくれました。犬にしろ人間にしろ、愛する者には無限の強さが沸き上がりますね。 そこから強い者に立ち向かうのもこの映画が語る。 ライオンと戦うシーンはまさに迫力。 お互い吠えるだけでしたがそれだけでも充分強さが伝わります。 金持ちの飼い主に育てられた犬クロエが町外れから様々なな犬達と出会い変わってく姿、素敵です 小さくても強く! これがなきゃ人間も強いものに立ち向かわなきゃ幸せは来ないそんな感じがしました。 犬に教わった映画です

1 ページ/5 ページ中