2009年3月14日公開

桃まつりpresents kiss!/収穫

252009年3月14日公開
桃まつりpresents kiss!/収穫
2.0

/ 2

0%
0%
0%
100%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

どこにでもいるような田舎の高校生、松井千代(波多野桃子)。同じ陸上部の親友である冴子(埜本佳菜美)とあこがれの先輩が交際中だと知り、千代は陸上部に伝わるある伝説に熱中していく。同じころ、クラスメートの岡崎雅彦(広瀬斗史輝)も、その伝説にとらわれてしまう。そんな生徒たちの日常を一人の女教師(麻生絵里子)が遠巻きに眺めていた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(1件)

かっこいい25.0%不気味25.0%不思議25.0%かわいい25.0%

  • sav********

    2.0

    最初から最後までナゾだらけ?????

    桃まつりpresents Kiss! 壱のkiss!、弐のkiss!、参のkiss!と3部構成。 各回に女性が監督された約30分の短編作品が3本盛り込まれています。 名古屋在住時代から行きたくて仕方がなかったのですが、 (今池シネマテークにて上映。今回配布の冊子にコメントもよせています) スケジュールがあわなくて行けず。ようやく夢が叶いました(笑顔)。 壱、弐、参と3部に分かれているし、収められているのも短編だから、 ヤフーさん、レビューは壱、弐、参というくくりだろうなぁ?なんて、 サイトをのぞいてみたら、ご丁寧にも1作ずつ合計9作レビュー書けるようになっている。 30分の映画で2000文字も感想を書けるほどの文才があるわけもありませんので、 レビューも映画同様に短編でいかせていただきます(と、言って長くなったらごめんなさい) 同作は壱のKiss!におさめられた3作品のうち、2番目に上映された作品になります。 えっ、1番目を飛ばした理由ですか?1番目、けっこう良くってまだ整理できてないんです。 整理出来次第、後日アップさせていただきます。ちなみに、私の中では、この整理できていない、 1番目『たまゆら』が一番面白かったです。いかんいかん『たまゆら』のレビューじゃないぞ(苦笑) ★彡     ★彡 なんだ、これは????? 3作の中で一番ナゾ多き作品でした。 「高校生2人をどうやってキスさせるのか工夫した」 上映前の挨拶にて粟津監督は説明されていましたが、 キス云々以前に、なにを収穫したのか、タイトルの意味がなんなのかが、わかりませんでした。 上映前に配布していた冊子に、 「黄金が煌めくシーンのある映画が撮りたかった」と あるとおり、きらびやかに光り輝くシーンはあるものの、よくわからず。 “都市伝説”ならぬ“学校伝説(秘密)”でも 面白おかしく撮りたかったのかな、なんてことも頭をよぎりましたが、 それにしても、ここまでしっちゃかめっちゃかにしなくてもいいんじゃないの? との、疑問が頭から離れませんでした。 私にとって、唯一の収穫は、 全盛期のナッチそっくりの埜本佳菜美さんがインプットされたことだけでした(苦笑) ★彡     ★彡 空の色もCGですよね。 なんだか、この2作目で一気に単館っぽくなってしまいました。 奇をてらわない、ストレートな作品を一度、観てみたいですね(笑顔) ◆       ◆ 【 補記~美味しいプレゼント~ 】  各Kissの初日のみ。  先着10名様のかたに、  「パティスリー・サロン・ド・テ ゴセキ」特製焼き菓子がプレゼントされます。  小生、そんなことなんも知らずに、  いつもの習慣で、他の映画を観る前(2時間以上前)にチケットを購入しただけですが、  映画鑑賞し帰宅後、食べさせていただきましたよ。なんと、これが激ウマ!!!!!    チャンスはあと2回あります。  3月19日(木)と3月23日(月)。  是非、よろしければ、こちらご賞味ください!  今度、近くに寄ったら買いに行こうっと(笑顔)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
桃まつりpresents kiss!/収穫

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル