ここから本文です

新宿インシデント (2009)

THE SHINJUKU INCIDENT/新宿事件

監督
イー・トンシン
  • みたいムービー 129
  • みたログ 638

3.45 / 評価:305件

……最もジャッキーらしくない作品。

  • sou***** さん
  • 2018年4月28日 4時53分
  • 閲覧数 1690
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

よく考えてみたら、初めてヤクザ抗争の映画を観た。全く興味ないジャンルに導いてくれたのはジャッキーとファン・ビンビンだ。そこには、見たことのないジャッキーがいた。又、僕の中のファン・ビンビンが美しい作品ランキングでは圏外だった。

先ずはジャッキー評から。

ジャッキー作品は、アクションが有ってもバイオレンスはさほどでもない物が多い。その点で、新宿インシデントは一線を画する。ジャッキーらしいユーモアとアイディアに溢れるアクションは全く登場しない。その代わりに、日本刀による残虐表現が殆ど。はっきり言えば、大惨事。ヤクザ映画を観ない僕だから、抗争の表現がどの程度が良い塩梅か分からないと前置きするが、そこまでやるか?そんな事あるか?のアクションでしっちゃかめっちゃか血塗れ惨劇。微塵もジャッキーらしさは無い。

アクションもそうだが、ストーリーがちゃんとしてるのもジャッキーらしくない。どこか突っ込みどころがあって、それでも憎めないのがジャッキー映画らしさだと思う。しかし、そんな要素は一切捨て去って、ゴツゴツした骨太なストーリーだった。意外な驚きも手伝って、結構前がかりで観れたと添えておく。
ポリスストーリーとかもシリアスな展開を見せたりするが、ここまで全編ハードなストーリーは他のジャッキー作品と比べて異色だ。

続いて、華流最強美女ファン・ビンビンについて…。

はっきり言って、この映画のファン・ビンビンで萌えるのは、ジャッキーにビンタかますシーンだけだった。あの美人にして、ここまで埋没するのは、ひとえにストーリーや物語の設定もあるんだろうなぁ…、と思う。シュー・ジンレイの方がジャッキーの昔の恋人役で重要なポジションではあるけれど、個人的にはやっぱファン・ビンビンだわなぁ、ではあるけれど。


総評として、意外なジャッキー作品で、ヤクザ映画無知な僕にはボチボチ良かった。まぁ、反社会勢力が勝手に暴れて勝手に死にゆく勝手にしやがれストーリーで、そんなものちっともカッコいいとは思わんけどね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ