ここから本文です

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (2009)

監督
摩砂雪
鶴巻和哉
  • みたいムービー 521
  • みたログ 4,784

4.15 / 評価:2,993件

今後のアニメ映画にそびえ立つ大きな壁

  • caf***** さん
  • 2019年6月14日 11時29分
  • 閲覧数 363
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

OPからフルスロットルで見せ場を持ってくる。新キャラ、新エヴァを何の説明もなく、惜しげもなく披露。その後に続く日常パートはこれまでのストーリー展開は踏襲しつつも、完全新作。綾波の性格が普段よりも丸くなっていたり、アスカの登場が早かったり、どこか違和感を感じながら進んでいく。TV版で見られた一枚絵を延々と流す場面などは、カメラワークによるサービスショットに変えて楽しませたりするなど、飽きさせないつくりとなっている。途中できっちりエヴァの活躍シーンを入れて後半への布石は十分。

となると、問題はその後の展開である。最も過酷な展開が待ち受ける箇所を大胆に変更した。観客はあっけにとられて、その後の展開を嘘だろという気持ちで見守るしかない。極限まで高い興奮と絶望を持続したまま、次の使途との戦闘になり、その後の目まぐるしい展開そして最後に発せられる一言で茫然となったまま、EDを迎える。中盤までの和気藹々とした展開からの落差が最高に気持ちいい。

ただ、宇多田のED曲が前作から続くが、この大傑作を着地させるには弱いと感じた、まだ無音のほうがよかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ