ここから本文です

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (2009)

監督
摩砂雪
鶴巻和哉
  • みたいムービー 564
  • みたログ 5,277

4.12 / 評価:3358件

混ざらないはずの水と油を混ぜたような融合

  • ywr***** さん
  • 2020年12月23日 16時43分
  • 閲覧数 765
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

そこまでエヴァに思い入れはないものの、旧作を一週間おきに上映していると聞き、子供たちと一緒にまとめて観られる今がチャンス。と「序」「破」を鑑賞。「Q」はダークだということなので、スルー予定です。Qじゃなくて「鬱」でよろしいかと。
子供たちは「Q」も観たいと言いますが、「あれはなぜああなんだ?」など、おそらく内容聞かれても、答えられないでしょうね。陰湿かつ混乱の予感しかないです。

一方、エヴァ劇場版最高傑作とも言われる「破」はとてもよく、ただのロボットアニメに終始しないほどよいダークさが心地よいくらいでした。「翼をください」の歌に乗せて、使途に吸収された彼女を救おうと「綾波ぃぃぃー」と絶叫のエンディング。ここでエンディングなので、心地よいのであって、ここからスタートとなる続編は、ちょっと胃もたれしそうです。「翼をください」の前向きな感じとは真逆の内容が展開されていて、ゾクゾクした感じ、緊迫感のなかに、曲から感じるノスタルジック。混ざらないはずの水と油を混ぜたような、この融合が天才的です。

まさに中二のシンジくん。そのナイーブでなよなよした精神は若干イラっとするものの、見始めたのは自分自身も当時、その年齢くらいで、きっと彼へのシンクロ率は今よりずっと高かったのでしょう。そんな少年が、任務を放棄までしたその後、命を懸けて綾波を守ろうとする。いいですねー。大人映画なら、陳腐なストーリーと酷評されるところ、エヴァだからなのか、グッとくる感じ、いいですね。

碇司令と、彼と同ランクくらいの組織の男(名前知らない)が、「ゼーレ?の導き通り」とか月への査察とか、あと「人類補完(いや保管?)計画」など、ちょくちょく謎めいた会話、行動をするのですが、これはもうお決まりで、あまり気にしないことにしています。どうせ回収されないでしょうし、まあなんか、裏の計画があるんだな、くらいに思っておきます。

あと、やっぱり「残酷な天使のテーゼ」のオープニングは欲しいところ。
ルパンも007もファンはそれも聞きに来ていますから。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ