レビュー一覧に戻る
ルパン三世 1st.TVシリーズ

min********

5.0

ネタバレ偶然ハマったルパン三世

子供の頃はアニメならとりあえず何でも食いついてましたからこのルパン三世ファーストシリーズも初回から観ました。 一発でハマりましたね。 偶然ですがちょうどF-1に興味を持ち出した頃でしたので第1話のF-1レースをテーマにした内容はど真ん中ストライクでした。 その頃ケロッグのコーンフレークのオマケにF-1のプラモが付いてまして箱の裏にメインスタンドやピットが書かれてて切り取って組み立てればサーキット気分が味わえました。 その日はアニメとは言えF-1のシーンが観れて興奮してて、そのおもちゃで遊びまくったのを覚えてます。 しかし、私をルパン大好き少年にしたのは続く第2話「魔術師と呼ばれた男」でありました。 ルパンのコミカルながらも切れのある頭、次元大介のガンさばき、ミステリアスな峰不二子、それに敵となる個性的なパイカルに夢中でテレビにかじりつきました。 ルパンも次元も全身燃えてるのにヤバクないの?とか心配しましたよ。 それにあの独特なザクッザクッという足音や味わいあるBGMはファーストルパンならではだと思います。 初登場時はルパンとは敵対関係にある石川五ェ門との対決の時も全身燃えてて心配しましたね。 現在まで制作されてるルパン三世作品で「これは凄くいい!」と言うのはファーストルパンの「魔術師と呼ばれた男」「脱獄のチャンスは一度」「十三代五ヱ門登場」「殺し屋はブルースを歌う」の4作品であります。 「カリオストロの城」も好きですが前記した4作品とは違う面白さと感じました。 ファーストルパンも後半から少々テイストが変わった感じがありまして何となく前半の作品が懐かしく感じました。 視聴率が悪かったのは後半のイメージが悪かったせいでしょうね。 でもずっと観ましたし、セカンドシーズンも観ました。 色々書きましたがルパンはルパンでありまして現在も放送される度に観ております。 サザエさん同様いつまでも歳をとらないルパン一家に万歳したい気分です。

閲覧数564