レビュー一覧に戻る
イル ベント エ レ ローゼ 愛するということ
2009年5月9日公開

イル ベント エ レ ローゼ 愛するということ

732009年5月9日公開

wak********

4.0

Make Love。

イタリアの田舎町アングイッラーラに住む、無垢な花売り女性ジョルジャ(マリア・コッキャレッラ・アリスメンディ)は、適齢期で一緒に住む祖母から結婚相手を紹介されていた。 そんなある日 ジョルジャの花屋の前に一台の車が止まり 屋敷に薔薇を届けてくれないかと頼まれる。 仕事の依頼を聞きつつも彼女が見つめていたのは 後部座席に座る 魅力的な女性KOKO(叶恭子)だった… ☆見終わった感想☆ 叶恭子のセクシープロモーションビデオ!? でも、イタリアの街が美しく エロスの部分も エロエロしてなくて 恭子さんの芸術品のようなヌードに目がくぎ付けになる♪ ストーリーは、真実の愛とMakeLove(まさにMakeLovemovieと恭子さんが言ってた)がテーマだが 性別を越えた愛は とても美しく官能的だった。 例え 愛を感じたのが異性でなくても 愛は愛で 自分の気持ちに正直に生きよう…みたいなかんじかな?違うかな? 私は、なかなか楽しみながら見れました。 恐らく一生経験することはないと思いますが(あんたじゃ一生無理だ←まるちゃんのナレーター風に)、恭子さんの日常はこんなんなんだろうと うらやましいようなうらやましくないような… 全てを虜にするKOKO様には、女性はこうでないといけないなと 思わされました。もっと女性磨きに拍車をかけたいと思います(^^ゞ

閲覧数3,166