ここから本文です

イル ベント エ レ ローゼ 愛するということ (2009)

監督
エリーザ・ボロニーニ
  • みたいムービー 24
  • みたログ 52

2.85 / 評価:27件

Make Love。

  • みんごるさん さん
  • 2010年7月2日 17時03分
  • 役立ち度 12
    • 総合評価
    • ★★★★★

イタリアの田舎町アングイッラーラに住む、無垢な花売り女性ジョルジャ(マリア・コッキャレッラ・アリスメンディ)は、適齢期で一緒に住む祖母から結婚相手を紹介されていた。

そんなある日 ジョルジャの花屋の前に一台の車が止まり 屋敷に薔薇を届けてくれないかと頼まれる。
仕事の依頼を聞きつつも彼女が見つめていたのは 後部座席に座る 魅力的な女性KOKO(叶恭子)だった…

☆見終わった感想☆
叶恭子のセクシープロモーションビデオ!?
でも、イタリアの街が美しく エロスの部分も エロエロしてなくて 恭子さんの芸術品のようなヌードに目がくぎ付けになる♪

ストーリーは、真実の愛とMakeLove(まさにMakeLovemovieと恭子さんが言ってた)がテーマだが 性別を越えた愛は とても美しく官能的だった。
例え 愛を感じたのが異性でなくても 愛は愛で
自分の気持ちに正直に生きよう…みたいなかんじかな?違うかな?

私は、なかなか楽しみながら見れました。

恐らく一生経験することはないと思いますが(あんたじゃ一生無理だ←まるちゃんのナレーター風に)、恭子さんの日常はこんなんなんだろうと うらやましいようなうらやましくないような…

全てを虜にするKOKO様には、女性はこうでないといけないなと 思わされました。もっと女性磨きに拍車をかけたいと思います(^^ゞ

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ