レビュー一覧に戻る
イル ベント エ レ ローゼ 愛するということ
2009年5月9日公開

イル ベント エ レ ローゼ 愛するということ

732009年5月9日公開

ガチャマ

3.0

ネタバレ幸運にも叶姉妹の舞台挨拶付でした!

映画の内容的には、確かに女性向で男性はつまらないと思います。 映像は、きれいとは言えず全体的に暗くて観辛かった。 イタリアロケなら、もっとイタリアの街や風景など、ベッドシーン 以外にも恭子様が、メンズを引き連れて街を闊歩するシーンなどが あった方が良かったかな。 私は、恭子様を一番綺麗と感じたのは、愛し合うシーンより ショッキングピンクのお洋服で薔薇を買いに歩いている恭子様でした。 愛し合うシーンの、恭子様の吐息や喘ぎ声は、とても上品でした。 スローな撮影が多く、貪り合うメンズとのそれも男性にとっては、 もう少しそこを観たいっ!て時に映像が変わりそれはそれは 消化不良のことでしょう。 衣擦れの音やチュパチュパ音や軋み音など私が監督ならもっと 取り入れてたかも・・^^ 私は、はじめ胸のあたりが熱くなりだんだん下半身に それが移り最後には、脳が興奮して、正直とても男の人が 欲しくなりました。 特にマリアとのシーンは、ビアンでもないのになんだか興奮度アップ。 でも、恭子様のような素敵な絵になるような 愛し合い方は到底無理でしょうけどね。 ただ、メンズが外国の方だから、ああいう絵になるんでしょうね。 まあ私は、私の愛し合い方でいいっかな^^;とも思いました。 映画のあと、美香様も恭子様もメンズにエスコートされ登場しました。 もちろんオーラと香水の香り付! 生叶姉妹は、なんだかとてもチャーミングでテレビで拝見するより 親しみが湧きました。 恭子様の 「エロとエロスは違う。エロでも必要ですが、エロスには、知性が伴う」は なるほど~納得でした。 私は、恭子様と美香様にとても興味があるので、そういう方は観ても いい映画ですが、それ以外の人は、レイトショーなど1000円で観るなら まあ良しとするかって評価です。ごめんなさい。 恭子様、美香様これからも大いにエロスを撒き散らせてくださいね。

閲覧数638