劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー
2.7

/ 375

18%
14%
19%
15%
34%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

士(井上正大)、夏海(森カンナ)、ユウスケ(村井良大)がたどり着いた謎の洋館には、士の妹を名乗る一人の少女がいた。彼女に付き従う男によるとこの世界も滅びようとしており、それを食い止めるためには最強のライダーを決めなくてはならないという。世界の滅亡を防ぐべく、士は数々の仮面ライダーたちと激闘を繰り広げていくが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(223件)

かっこいい19.2%楽しい14.2%勇敢11.8%ゴージャス10.9%笑える8.7%

  • ぺこお

    2.0

    一層わかりにくい

    でい本編からしてストーリーがわかりにくいディケイド。週一ならそれでもOK。 だが本作は多くのライダーを出すために余計な方向へ話が向いている。お祭り映画と割り切るべきかな。

  • dsa********

    3.0

    ネタバレお祭り!って言えば許される

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gol********

    1.0

    実は次の作品「W」の番宣だった!

    今更ながら借りてみたのは、シャドームーンが大ショッカーの首領として活躍する物語だというからだ。でも全然違うじゃん!だが何だこの茶番劇は。 そもそもディケイド自体が茶番劇なんだけど!正史とはかけ離れている特異点作品ゆえにパラレルワールドも仕方ないが、シャドームーンを扱うには軽んじすぎている。あんな安っぽい首領なら、死神博士の「イカでビール!」で十分だ。あんな軽々しくない。もっと暗い、重たいオーラをまとって完全なる洗脳が完了した悪のライダーの傑作がシャドームーンじゃないのか。 ちびっこはこれでいいのか~?本当にわかるのか?単なるドタバタ劇でも頭数出てればいいのか?うーん・・・・。何も感じない。見て損した気分だ。

  • sak********

    3.0

    豪華さはある

    賛否両論ある『仮面ライダーディケイド』だが個人的には割と気に入っており、本作もオールライダー集結ということで封切りのときは、かなり楽しみにしていたのを覚えている。 この映画の欠点としてはストーリーに強引な展開が多く、ご都合主義が目立っている。しかし序盤からライダーアクションが満載で、細かいところに目をつぶればそれなりに楽しめるだろう。 最近ではめずらしくないが、歴代ライダーが集結しての大乱戦はやはりカッコいいし、胸が熱くなるシーンである。強いていうならもう少し、各ライダーの個性を生かした戦いをしてほしいという気もする。 欠点がないというわけではないのだが、劇場版にふさわしい豪華さがあるので、ひとつの映画としては個人的にありだと思う作品だ。

  • fre********

    5.0

    けっこう楽しめました

    ライダーバトルは観ているだけで面白かったです 結局大ショッカーは何がしたかったのかよくわからなかったですけど、シャドームーンは特に何がしたかったのか… これまでの平成ライダー映画の中ではイライラしないで楽しめました、冬にWとまた共演する映画がありますね、次は大ゲルショッカー? お祭り映画として期待しています GACTKさんはV3のライダーマンじゃなくディケイドの世界の人らしいですね、次の映画で変身して欲しいです 20188/7 うーむ、無理していい感じに書いてました この評価とレビューは仮面ライダー映画だけの評価です 普通の映画として評価していません この頃は無理して書いてたんだなぁ

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


井上正大門矢士/仮面ライダーディケイド
森カンナ光夏海
村井良大小野寺ユウスケ/仮面ライダークウガ
戸谷公人海東大樹/仮面ライダーディエンド
荒井萌門矢小夜
大浦龍宇一月影ノブヒコ/シャドームーン
倉田てつを南光太郎
賀集利樹津上翔一
GACKT結城丈二
石橋蓮司光栄次郎/死神博士
大杉漣地獄大使
桐山漣翔太郎
菅田将暉フィリップ
荻野崇王蛇
徳山秀典キックホッパー
マーク・大喜多アナウンサー
沢城みゆきキバーラ
関俊彦モモタロス
関智一アマゾン/イカデビル
鈴村健一Xライダー/ガラガランダ
稲田徹1号
加藤精三ジャーク将軍

基本情報


タイトル
劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日