ここから本文です

トランスポーター3 アンリミテッド (2008)

TRANSPORTER 3/LE TRANSPORTEUR 3

監督
オリヴィエ・メガトン
  • みたいムービー 612
  • みたログ 4,121

3.54 / 評価:1324件

まあ、安定再生産路線です。

  • morecambeandwise さん
  • 2019年12月7日 23時37分
  • 閲覧数 483
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ジェイソン・ステイサムの人気シリーズ3作目。

まず沖合の船の積み荷になにか有毒物質が載っているようだと。どこにいくのか。

今回は最初からなんか仕事に乗り気でないフランク。自分に頼まれた仕事を人に振ったら、その人が失敗してフランクの家に車ごと飛び込んできたと。それで救急車に乗せていったらドカンと爆発。どうも車と離れると爆発するブレスレットを嵌めていたらしい。車に乗っていたもう一人の女も同じものを。そしてぶん殴られて簡単に気絶させられたフランクも目が覚めると同じものを。

で、今回は「プリズン・ブレイク」でTバッグ役で人気の出たロバート・ネッパーが悪役。環境問題に積極的な大臣を恐喝したかと思えば、フランクの車を勝手に改造して、女と一緒に荷物を運べと。

その女はやたら機嫌が悪く、あんまり話さない。で、ブレスレットを外そうと寄り道などしている間に追手がやってきて、ぶちのめす。いつもより足技への依存度が低いかも。でも背広やネクタイ、シャツを使って戦い、だんだん脱いでいくバカ演出は健在。無口だった女ヴァレンティーナも、このフランクのストリップを気に入った模様。

恐喝されていたトミレンコ大臣も独自に娘を救出する努力を。だけど銃を持ち出してやたら物騒。カーチェイスの末、谷底に転落。

そうこうしているうちに運ぶべきはトランクに入った荷物(電話帳)ではなく、女そのものだった、ということがわかり(早くわかれよ)、しかも彼女は大臣の娘(隠すほどでもない伏線)。タルコニ警部の活躍もあって大臣と連絡をつけて、娘をどうやって返すかの作戦を練ると。大臣もそれなりに考えて時間稼ぎ、娘の声を聞かせろといわれて、犯人のジョンソンはフランクからヴァレンティーナを引き受け、列車に。車ごと水没したフランクはタイヤの空気を使って車を浮かせる技で復活。その後逃げた列車を猛追し、橋の上から列車の上に飛び乗ります。

その後も、相手を追い詰めつつ、でも車と離れすぎると爆発しちゃうので、という展開で、切り離された後ろの車両から車ごと前の車両にダイブしたり、ジョンソンに爆弾ブレスレットを付け替えたりの逆転劇があって、最期はジョンソン爆死。

シーンの最初と同じタルコニとフランクの釣りシーンで終わるのだけど、ヴァレンティーナがくっついてきてタルコニは面白くない、というところで終わり。フランク、これで幸せになるんでしょうか。

トミレンコ大臣、見覚えあるなと思ったら、007の「リビング・デイライツ」で亡命するコスコフ将軍を演じたジェローン・クラッベという人です。他にも「KAFKA/迷宮の悪夢」とか、「オーシャンズ12」にも出てますが、歳をとったとはいえ、あんまり深刻すぎないおおらかなキャラクターは気に入ってます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • セクシー
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ