ここから本文です

ごくせん 卒業スペシャル’09 (2009)

  • みたいムービー 17
  • みたログ 103

3.61 / 評価:46件

就職戦線の過酷さにもめげないヤンクミ達

  • tit***** さん
  • 2016年11月19日 19時41分
  • 閲覧数 208
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

まあごくせんシリーズもう何年続いていたんだですが、ヤンクミの教え子である生徒達の一部が内定取り消しという不運に遭遇してしまう等当時の世相(世界金融危機等)も反映されていたのが特徴的でした。

本スペシャル版キーキャラの一人は、玉森裕太氏演ずる後輩の兄ちゃんで、卒業間近だった先輩達と度々トラぶっていましたが、彼のバックホーンがイマイチ貧弱だったように思えました。結局中途半端に突っ走っていった所もあったガキな感じなままでしたね。

終盤彼がやっと悪い仲間達と手を切ろうとしたかと思いきや、「ああそうですか。」とは当然(?)ならず、この悪い仲間達のボスとの対峙となりましたが、まあ彼も子分どもを引き連れて、自分が偉くなったかのように錯覚していたつまらないチンピラでしたよね。「ヤンクミのカッコ良さを引き立てる役割」を超えた存在価値は無かったのですが、どうなるのかもう展開はほぼ完全に読めました。

後輩の兄ちゃんの掘り下げ不足も、そうした「主人公絶対主義」(一応教頭という主人公の対立者的存在な人物もいるけど、悪く言えばそれも一種の「ポーズ」)から見れば必然的とも言えましたが、まあ態々スペシャル版として放送する必然性は弱かったかもです。会社のお偉いさんにも必死に頭下げたり、就職等教え子たちの事を真摯に考えていたヤンクミにも悪印象を抱くわけはなかったのですが、彼女のそうした頑張りと、生瀬勝久、三浦春馬各氏ら等脇役どころの頑張りがそういう悪い意味での「お約束」と何とか相殺できた感じです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ