レビュー一覧に戻る
エスター
2009年10月10日公開

エスター

ORPHAN

R15+1232009年10月10日公開

けばぶ

2.0

ただただイラつくだけの映画でした。

正直、エスターの正体についてある程度、早めに勘づいてしまいました。そのぐらい簡単に本当に分かりやすく、撮ってあります。そのため、最後のどんでん返しも「ああ、どうせこうなんだろう」と予測ができてしまいつまらなかったです。 また、エスターによって周りの人達が翻弄されていきますが、これまたイラつきます。例えて言うなら、度をすぎた腹黒女子に似ています。表では凄い、いい子ちゃんで可愛げがあって魅力的ですが、裏では気に食わない女子は、みんなに気づかれないように凄く嫌な嫌がらせをしていくようなそんな感じです。そのため、裏の顔をよーく見せつけられて知っている視聴者たちは、その女子の表の顔をずっと見せつけられていきます。最後までですね。表では、気に食わない女子は嫌われ者になり腹黒女子は、その分人気者になります。それを手出しできない視聴者は、永遠と見せつけられるのでそれはもうイラつきますよね。「なんで、その子は何もしてないのにこんな言われて、あいつはあんなことしてるのに庇うんだ!。」って感じですね。 この映画を例えて言うなら、 "超腹黒女子がやってる事を、私たちは黙って見ていよう"ですね。 「あ、そういえば最近イラつきが足りないな。ちょっとイラつきが欲しいな。」って人はオススメです。イラつきたいひとは是非見てみてはいかがでしょうか。 こうも酷く言っていますが、星1にしないのはエスターの人の演技力が半端ないことですね。エスターの人は、本当に演技力が凄まじいので星2にしました。それ以外は、何も。

閲覧数8,207