ここから本文です

20世紀少年<最終章> ぼくらの旗 (2009)

監督
堤幸彦
  • みたいムービー 3,644
  • みたログ 7,812

3.20 / 評価:1917件

10年前はそれなりに楽しめた。

  • taf***** さん
  • 2017年11月22日 20時35分
  • 閲覧数 1019
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

3部作でそれなりに各作品ごとにテーマと色も設けてあって脚本としてもとても良い作品。

一作目は、現代が舞台で何かが始まろうとしている過程と、幼少期と成人期の構成。

二作目は主人公が変わり、カンナを軸とし世界が変わり始めている様子を描く。

そしてこの三作目で
さらに時代も先に進み主人公ケンジの復活を遂げる最終章。



冒頭でげせないのは
ショーグンと漫画家の海ほたるでの始まり方。
原作ファンなら理解できるスタートだが
まだ内容を知らない人からしたら
かなりがっかりの始まり方である。

世界があんなんになっちゃうというネタバレをいきなり見せられるのは辛い。
それよりも、ともだちという謎の人物が何かをしようとしているというようなところから始めてあげた方がよい。

時系列として、
幼少期と成人期、おっさん期とうつりかわるのに、このおっさん期からやってしまっては、成人期の時の紛争は意味がないことがバラバラなので、つまり、ともだちを止まらずに失敗するという絶望の展開がバレバレなのでドキドキしなくなる。ほんとうにアホな出だしだと思う。しかも、漫画家の意味はほとんど本編とは関係がない。
こともないけど、いなくてもいてもよい扱いにできるキャラなので今後の作品に効いてこない。

役者の猿芝居と、監督の演技指導もやはり程度が低い。
堤監督のへんな演出は嫌いじゃないが、まともな映画としてのクオリティは低い。
ドラマとかなら面白いが、映画となると辛い。
カンナの猿芝居は、個人的には好き。

あと、疑問なのは
万博の頃の日本に私はまだ生まれてなかったのであの頃の日本の空気感とかはわからないのですが、
あんな油でギトギトな子どもたちがその辺を走り回っていたのでしょうか?
結構古い写真に写ってる日本人を見る限り、あそこまで泥だらけで油ギトギトの顔の人はいないように思えます。毎朝顔くらい洗いますよね?銭湯や五右衛門風呂くらいはありますよね?1969年にはまだ日本には水道とか風呂とかなかったのでしょうか?はてさて?
石鹸もなかったのかな?はて?
石鹸や水道が日本に存在していれば、あの時代でもみんなあんなホームレスみたいな子どもたちで溢れかえっていたのでしょうか?
過剰演出すぎません?さすがにしらける。
こだわるべきはそこじゃない気がする。
当時日本には存在していなかった泥だらけで油ギトギトのホームレスみたいな子どもたちを出すよりも、もっとリアルに演出した方がいいとかが多いと思う。

俳優たちが一生懸命演技している感じが見ていてこちらが恥ずかしくなる。
おかまのブリトニーとか。あんなに捨て身で演じてるのに、滑りすぎてて本当に可哀想。
最近がばらまかれて人々が血を吐いて倒れるシーンも、取って付けたような見せ方で、なんじゃそりゃ?ってなる?
うー、くるしいー!みたいな演技もひどい。

ゲロゲーロとか、やっぱ実写では無理がある。
媒体を転換する際に、どう演出を変えるべきか、監督にはわからないんだと思う。センスがないんだと思う。
成立する演出と、やっぱりだめな演出があると思う。
ゲロゲーロは、無理がある。やるなら、わざと言ってるみたいな方法を探さないといけない。
たぶん、宮迫も監督も無理があるなーつてその場でわかってたと思う。
確信の持てない演出はやってはだめ。
バカみたいに漫画でやってた演技とか演出をそのまま映画でする必要はない。
放送部の女の子の縛られて足バタバタさせてるところとか、本当に縛られた女の子があんなことするかな?
命の危険はないことはわかってるやろうから必死にもがくまではいかなくても、むしろケンジの勢いに押されておとなしくなってる可能性もある。


面白い点としたら、
本当に漫画から飛び出してきたようなキャラの外見の人が多いこと。
まるおとかコンチ、もんちゃん、万丈目、
敷島博士と娘、フクベエ(カツマタくん)
小泉にカンナ。
ハマりすぎ。

友達のマスクも良くできてる。


ただまぁ、
全部を通して何を描きたかったかを
きちんと考えてその軸に沿って撮った方が
名作になったろうになぁと思う。


ラスト20分くらいはとても気持ちのいいシーンが続いてすごく素敵だと思う。
漫画では描いてくれていなかった答えを見せてくれてる。それもとても素敵に。
そこは素晴らしい。このシーンのために今までのことをやっていてくれていたのかな?


あとね、
歌が素晴らしい。
ずーだらーらーもいいし、
ハローハローエブリバディの歌もよい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ