ここから本文です

BALLAD 名もなき恋のうた (2009)

監督
山崎貴
  • みたいムービー 384
  • みたログ 2,539

3.62 / 評価:1521件

新垣結衣は見る価値がある

  • zer******** さん
  • 2014年10月24日 5時46分
  • 閲覧数 1368
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

なんかタイトルからしてかっこよく言ってるけど
要するに クレヨンしんちゃん戦国なんたらの実写版
主人公は小学生のクソガキ 父親 母親もなんかよーわからん人達。
そこまでやるのなら しんのすけはともかく 野原一家でやってくれよ。

もっと言えば 天正二年と出てくるので上杉の関東進出とも合うので
この頃の関東は後北条家の勢力圏にあるから その辺との関わり合いを見せて
現実的に少し寄せていっても良かったかなとも思う
例えば 春日家は後北条家に属し 敵の大蔵井は上杉寄りだったとか。

まあ それはともかく 相変わらず井尻役の草薙は演技がいまいち。
井尻という名の草薙でしかなく 折角の映画も質が落ちる結果に。
もうちょっと適役が居なかったのか。
他の俳優陣は良かっただけに至極残念無念 また来週。

本題である新垣結衣は相も変わらずいい。
姫らしい姫 是非 見るべし。

ストーリーはしんちゃんのものとほとんど同じでセリフもほとんど変わらず
余計な事は一切していない。 そこは高く評価できる。

肝心の要の戦はこれまた素晴らしい
投石部隊や竹柵といったものが出てくるのはとても珍しい。
又兵衛が持つのが猛者の証である朱槍であったり
奇襲を掛ける部隊が同士討ちを避けるために赤い布をつけていたりと
細かい所もよく気を付けていて戦国好きにも評価が高い筈。

強いて言うならば 大将との一騎打ちで大蔵井が
なんか女々しく言ってたのがおかしいっちゃおかしいというか
小娘にマジで一目惚れかよおっさん。

そんなこんなで質の高いいい作品に仕上がっており
本来であれば五をつけたいが 主役の草薙が足を引っ張り四といったところか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ