ここから本文です

フィースト3/最終決戦 (2009)

FEAST 3: THE HAPPY FINISH

監督
ジョン・ギャラガー
  • みたいムービー 13
  • みたログ 107

2.63 / 評価:38件

やれやれだね

  • moc***** さん
  • 2012年1月26日 17時25分
  • 閲覧数 803
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

「フィースト」シリーズの三作目であり堂々の完結編ですが、汚い下ネタなんかは二作目より減った気がします。今回はグロの方に力を入れてた気がしますね。
三作目というよりは二作目が前篇だとすると今回は後編という感じです。サラッと二作目のラストを流した後、そのまま続きから描きますが、前回結構生き残ってた面々も次々リタイアしていきます。もう三作目ともなれば大体何処で死ぬかのパターンがわかって来るのでそこら辺も楽しみになってます(ハニー・パイのプロフィールを見て「ああ、もう駄目だ」と分っちゃったり)それと共に、カッコイイ男気溢れるカウボーイや怪物を追い払える預言者や、カラテキッドジャン・クロード・セガール等の新キャラも登場します。特にジャン・クロード・セガールは良かったですね。皆さん仰る様に「海兵隊仕込み?」「いや、ランボー3だ」「え?」の流れは爆笑しました。結果も予想通り(笑)ただ、瞬殺キャラだと思ってただけに両足だけになりながらもキックかまして頑張ってたのは予想外でした。
敵も怪物に加えてゲロで狂暴化したゾンビもどきも出てきます。てか、あのゲロにはあんな副作用あったのか。ハイブリッドまで登場しちゃいますが、コイツの最後の闘いは凄かったですね。人間がゾンビみたいに身体食い千切って倒すとは。あれで何かに感染しちゃいそうだけど(笑)
鉄パイプに薬莢入れてハンマーで叩いて攻撃するシーンやエンドロールでギターの弾き語りでおさらいするシーンは「ホテルゾンビ」でもやってましたね。
暗くて見辛いシーンが多々あったのはちょっと残念。特に地下での戦いでのチカチカ照明は本当に見辛かったです。
ラストは失笑しちゃいました。本当最後までやりたい放題の映画だなぁ。
人にはお勧めできないけど個人的には嫌いじゃないシリーズでした。
やれやれだね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ