ここから本文です

人生、ここにあり! (2008)

SI PUO FARE

監督
ジュリオ・マンフレドニア
  • みたいムービー 422
  • みたログ 787

4.26 / 評価:328件

誰もが普通に暮らす権利がある

  • popo さん
  • 2020年8月23日 23時31分
  • 閲覧数 603
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

イタリア映画好きだな。私の先祖はイタリア人なんじゃないかと思う程、何時観てもイタリア映画はしっくり来る。

精神障碍者の自立を描いた映画。実話なんだね。凄いな。
普通の仕事をして普通に暮らしていく。そんなあたりまえの生活がいかに難しかったか。色々と大変な事もあったと思うが、ここではそんな事よりやればできるってことにスポットを当てている。
彼らの自立を阻む原因に薬の過剰投与だったり、世の中の偏見だったり、色々と原因はあると思う。特に日本では異質のものを攻撃し排除しようとする国民性の為か、未だに世間とは隔離されてしまっている人達も多い。大多数の障害者の人達は補助的な作業しか与えられていなくて、経済的に自立しているのはわずかだと思う。
でも、やればできるって事をこの映画は見せてくれる。

ネッロがセニョール、セニョリータと呼ばれたことが無かった彼らに敬意を払って接して居る事が印象的。初めて普通の人として接してもらったのだろう、彼らの顔を見ると本当に嬉しそうでいい場面だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ