ここから本文です

人生、ここにあり! (2008)

SI PUO FARE

監督
ジュリオ・マンフレドニア
  • みたいムービー 475
  • みたログ 823

4.25 / 評価:350件

希望が見える作品

  • sham_cat さん
  • 2021年11月28日 19時16分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

あらすじのとおり、健常者である主人公が精神障碍者の集団が会社を建てて働くという実際にあったお話をベースにしている。

この手の作品は精神障害者に終始同情的だったり、良い人間として描いてしまいがちだが本作は少し違う。施設に訪問するなり殴りかかる者や全くやる気が無い者、意思疎通が出来ているのかいないのか分からないもの・・・それらを時にコミカルに、時にはシリアスに描く。
決してご都合主義には進めず、障害者を独立させることの弊害や困難さ、責任の重さなどが真正面から描かれていて鼻じらみしないよう作られたすばらしい作品だと思う。
特に、障碍者が恋した女性に「彼は私たちとは違う、同情すべき存在なの!」という言葉は言わせた後の展開は、当事者だからこそ胸に深く刺さる残酷な言葉であることを分からせてくれる。

実話をベースにした物語なので多少の脚色もあるだろうが、決して美談や偏ったシナリオにせず、それでいてコミカルに進めた本作は評価するに値するものであると思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ