レビュー一覧に戻る
扉をたたく人
2009年6月27日公開

扉をたたく人

THE VISITOR

1042009年6月27日公開

c20********

5.0

The Visitor

アメリカでの封切り時の上映館は、わずか4館。 口コミでの人気が広まり最終的には270館まで拡大、 6ヶ月間に及んで上映される超ロングランとなった作品。 劇場で観そびれてしまい気になってました。 The Visitorという原題。 いろいろな意味で、すべてのひとがvisitor。 「この映画は面白いぞぉ~!」と楽しみながら観る映画と、 映画を観ているということを忘れてしまう映画とがある。 「ここが最高だったよね~!」と話が弾む映画と、 言葉にすると壊れる気がする映画とがある。 この作品は、めったに出会うことのない後者でした。 リチャード・ジェンキンス演じるウォルターが 唯一、自分の怒りをあらわにするシーン。 自分の正義に適わないからではない。 傷つけられたとか、侮辱されたからではない。 魂からの怒りが、観るものの魂を揺さぶる、みたいな。 友情!とか恋愛!とか、 よかったぁだのかわいそう~だの、 すべったころんだ、踏んだ蹴った、 そんなもんじゃない映画。 こういうの、もっと観たい。 ラストシーンは最高です。やばい。

閲覧数170