レビュー一覧に戻る
扉をたたく人
2009年6月27日公開

扉をたたく人

THE VISITOR

1042009年6月27日公開

reh********

5.0

移民の問題をストレートに

 この映画を好ましく思えるのは、相当重苦しい内容なのではと覚悟を決めて見始めてみると、案外軽快に進むカット割りとテンポの良さに乗せられて、つい高尚な物語を理解した気になってしまうからかもしれない。しかしそのような気分の変異ばかりでなく、この映画は優れていると感じる。  正直、主人公の家に勝手に上がり込んでいたカップルにそんなに同情は持てないし、しかも女性の方は敵愾心剥き出しだったりするから、かわいくない。だがそんな風に思えてしまうのも移民問題から遠い日本に住んでいるからで、異国でただ騙されて暮らす毎日の結末がこれではやりきれない思いだろう。  音楽のリズムを通じて語り合い、そこに生きる喜びを感じるというのは単純だが、人間性のごく本質的なものだ。主人公のたたくリズムが電車の音にかき消されていく時、魂の叫びも同様に人々の耳に届かなくなっていくものだと感じた。

閲覧数1,262