レビュー一覧に戻る
扉をたたく人
2009年6月27日公開

扉をたたく人

THE VISITOR

1042009年6月27日公開

一人旅

4.0

ジャンベの乾いた音のリズム

トム・マッカーシー監督作。 ニューヨークを舞台に、妻を亡くした大学教授とシリア移民の青年の友情を描いたヒューマンドラマ。 俳優としても活動しているトム・マッカーシー監督作品で、妻を亡くした62歳の大学教授ウォルターが学会出席のため訪れたニューヨークでシリア移民の青年タレクとその恋人でセネガル移民のゼイナブと出会い交流を深める中、やがてアメリカ移民政策の壁が両者の間に立ちはだかり…というお話で、9・11以降強化された移民に対するアメリカ政府の引き締めに疑問を投げかけた社会派作品であると同時に、“ジャンベ”という西アフリカの民族楽器を通じて育まれる教授と移民青年の異民族間の交流と友情の顛末を描き出した上質なヒューマンドラマです。 最愛の妻を亡くした教授は長らく他者に心を閉ざし続けてきましたが、移民青年との交流を通じて頑なだった彼の心にやがて変化がもたらされます。他者との関わり合いを避けてきた教授は積極的に青年の人生に関わろうとし、無力な青年を犠牲にしてゆく非情な移民政策に対して感情剥き出しで怒りと反発心を露わにするのです。 善良な移民青年の存在が、閉じられた教授の心の扉をたたき自然と開かせてゆく…。9・11以降の閉鎖的で殺伐としたアメリカ社会において、国籍・人種・宗教の違いを超越した先に見える、人対人の純粋な繋がりの尊さを訴えかけています。ジャンベの乾いた音のリズムが共鳴する路上セッションは“音楽映画”としての魅力も充分です。 主演は名脇役リチャード・ジェンキンス。冷淡・無気力な言動と社会的弱者に寄り添う勇姿と覚悟を前半と後半で対比的に演じ分けています。惜しくもアカデミー主演男優賞は逃しましたが、キャリア初主演作にして記憶に残る名演であります。

閲覧数957